スマートフォン・タブレットに強い企業100
スマホアプリの企画から開発を、お客様と一緒になって創り上げる!

株式会社ウィズオノウェア 代表取締役社長 尾上 尚史

株式会社ウィズオノウェア
代表取締役社長 尾上 尚史
2004年12月 株式会社ウィズオノウェア設立
2008年01月 プライバシーマーク(20001112)を取得
2008年10月 資本金を1,500万円に増資
2010年06月 八重洲に東京オフィスを開設
2011年11月 東京オフィスを東日本橋に移転し、関東事業所に名称変更
設立(創業) 2004年
所在地 大阪府大阪市生野区鶴橋3-4-6
得意とする開発分野 スマートフォン系開発、Webアプリケーション開発、基幹業務などビジネスアプリケーション開発
資本金 1,500万円
財務情報 2012年3月期実績 4億2,700万円
2013年3月期見込 5億8,000万円
ビジョン お客様の価値を創造し、社会貢献性を高め、豊かで活力のある社会の実現
事業内容 ・ソフトウェア開発(オープン・Web系・汎用系・制御組込み系)
・ネットワーク管理システム開発・保守及びコンサルティング
・ネットワークを用いた個人企業の情報システムの管理運営に関する業務
・コンピュータソフトウェアの販売並びに保守
・情報処理サービスに関するコンサルティング業務
企業URL http://withonoware.com/
http://
問い合わせアドレス sales@withonoware.com
問い合わせ電話番号 06-6711-1100
説明画像
お客様の価値を創造できる会社
説明画像
自由な意見を出し合える企画会議
説明画像
モノ作りが好きな人の集まり

スマートフォン開発の世界では老舗企業、その力をお客様のビジネスに活かしたい

株式会社ウィズオノウェア
代表取締役社長 尾上 尚史

―御社の事業内容を教えてください。
組込み・制御開発では、回路基盤からミドルウェア、上部のアプリケーション開発までを各メーカー様から請負っております。また、各キャリア様からの通信サービスの開発・保守も対応させていただいております。
ビジネスアプリ開発では、大手Sier出身者を中心にお客様のニーズに合わせた基幹業務の更改、Webアプリケーション系でホームページ・CMSの構築・グループウェアの開発も手がけております。また、業務改善を前提にBIをつかった帳票作成や分析帳票の開発も得意とするところです。

―スマートフォン・タブレット開発における御社の強みはなんでしょうか?
・ スマートフォンアプリをソリューションに進化させるための知恵と、それを支えるWeb技術の全てが当社に存在します。
・ AR(拡張現実)、各種センサー制御、各種通信制御など、スマートフォンアプリをひと味違うものにしたい技術が当社の得意分野です。
・ 小規模~大規模アプリ開発まで対応出来る体制をいつでも整えます。
・ 携帯電話アプリ開発で培った技術力と品質管理のノウハウを多数保有しています。
・ お客様の想いを形として表現し、それを実現したいと思うスタッフの存在が当社の一番の強みです。

―これまでの開発において代表的な事例を教えてください。
■求人情報システム開発
求人情報システムは、AndroidとiPhone向けの求人用アプリ、顧客管理アプリ、カタログアプリで構成されるシステムとなっております。
機能としては、一般ユーザ向けの求人情報検索や情報登録、掲載企業(顧客)の情報管理や情報分析、営業支援としての情報掲載に関するカタログや見積等の機能を備えております。
アプリは、マーカーレス型AR(拡張現実)やマーカー型AR等の技術を使用した開発で、サーバ側も含めた受託開発をしております。
使用言語は、アプリ側は、Java、Objective-C、HTML5/JavaScriptで、サーバー側は、PHP、Javaとなっております。

―御社の今後のビジョンを教えてください。
現在、iPhone・スマートフォン・タブレットを用いたWebシステムの新規開発・基幹システムへのアドオンを主体とした実績を多く持っております。現在では、HTML5等の技術を駆使し、現存するシステムの改善・改良をiPhone・スマートフォン・タブレットを用いてワンストップで行っています。
また、スマートフォン自体の開発も行っているため、GPS・加速度センサー等のサービスを使ったシステム、AR・NFC等の技術を使った開発も行っていきます。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてスマホ研究会及びイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

 ※ スマートフォン・タブレットに強い企業100に掲載されている内容については、監修企業であるスマホ研究会に直接お問い合わせください。
  • 経営者通信に掲載希望の方
  • ベンチャー通信に掲載希望の方