スマートフォン・タブレットに強い企業100
スマートフォンアプリの収益最大化を支援していく。

株式会社アドウェイズ 代表取締役社長CEO 岡村 陽久

株式会社アドウェイズ
代表取締役社長CEO 岡村 陽久
2000年 アドウェイズエージェンシー創業
2001年 株式会社アドウェイズ設立
2003年 中国/上海に開発センターを設立(愛徳威軟件開発(上海)有限公司)
2005年 中国にてアフィリエイト広告サービスを開始
2006年 史上最年少の記録で東証マザーズに上場
所在地 東京都新宿区西新宿八丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー38階
資本金 1,489,910,500円(2014年3月末日現在)
財務情報 21年3月期実績 83億251万円
22年3月期実績 131億5,751万円
23年3月期見込 153億円
事業内容 ・インターネット(PC)アフィリエイト広告事業
・モバイルアフィリエイト広告事業
・スマートフォンアフィリエイト広告事業
・メディア開発・運営事業
企業URL http://www.adways.net/
http://
企業理念 2006年6月、マザーズ上場。新規上場企業の社長“26歳2カ月”、最年少記録を更新。アフィリエイト広告ネットワークをPCとモバイルで展開。モバイルは業界NO.1。また2003年から中国に進出。その他にもソーシャルアプリ、リワード広告、スマートフォン事業など新しいサービスも手がけています。
説明画像
笑顔が絶えない明るいメンバーです!
説明画像
アドウェイズのロゴマークが印象的なエントランス
説明画像
スマートフォンアプリのサポートならAppDriver!


株式会社アドウェイズ
代表取締役社長CEO 岡村 陽久

―御社の事業内容を教えて下さい。
アドウェイズでは、アフィリエイト広告を中心に事業展開しています。PCでは「JANet」、モバイルでは「Smart-C」、またリワード広告事業では「Rewards plus」を展開中です。さらにスマートフォン分野においては、アプリデベロッパー様を支援する為のサービスとして「AppDriver」を展開中です。国内においてはモバイルアフィリエイト市場でNo1となっています。また、海外にも積極的に進出しております。

―スマートフォンアプリにおける御社の取り組みを教えて下さい。
国内初となるスマートフォンアプリ向けの成果報酬型広告サービス「AppDriver」を中心にアプリデベロッパー様への支援を行っています。「AppDriver」の機能としては、アプリの収益化を支援するリワード広告掲載機能と、成果報酬型のユーザー獲得機能(CPIプロモーション)、アプリのアクセス解析機能の3つとなります。「AppDriver」はiOS・Androidの双方に対応しており、かつSDKの設置のみでご利用頂けることもあり、様々なアプリにてお手軽にご活用頂けます。

―スマートフォンアプリにおける今後の展開を教えて下さい。
スマートフォンアプリデベロッパー様の収益最大化を支援していければと考えています。その為に必要となるソリューション(リワード広告・CPIプロモーション・アクセス解析etc)を「AppDriver」を中心に展開していきたいと考えています。今後も様々なデベロッパー様のご要望に確実に応えられるようネットワークの拡大、解析機能の更なるアップデートなどに努めてまいります。また、自社でアプリの開発も行なっておりますので、引き続き新規コンテンツをリリースしていく予定です。

―AppDriverはどのようなアプリに効果的ですか?
基本的には全てのスマートフォンアプリでご活用頂けるかと思います。例えば、CPIプロモーションで低コストかつ確実にユーザーを獲得したいというニーズは多くのデベロッパー様にあるかと思いますし、獲得したユーザーにより、アプリの収益性を高めたいというニーズも同様かと思います。またアプリのコンテンツを高めるためにアプリ内のアクセス解析をご利用されたいデベロッパー様も多くいらっしゃるかと思います。いずれかの機能を部分的にご活用いただく事も可能ですので、デベロッパー様のニーズに副った活用方法がご提案出来ます。
http://appdriver.jp/

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてスマホ研究会及びイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

 ※ スマートフォン・タブレットに強い企業100に掲載されている内容については、監修企業であるスマホ研究会に直接お問い合わせください。
  • 経営者通信に掲載希望の方
  • ベンチャー通信に掲載希望の方