成長中の税理士100
顧問先様のお役に立つことを常に考え、迅速な対応を心掛けます!

渡辺税理士事務所 所長 渡辺 典昭

渡辺税理士事務所
所長 渡辺 典昭
1993年 拓殖大学大学院商学研究科修了
1993年 小杉聰則会計事務所入所
1995年 小林邦一会計事務所入所
1998年 渡辺隆三会計事務所入所
2005年 渡辺典昭税理士事務所開業
ビジョン 時代の流れに即応したサービスを提供し続けることにより、
税理士が社会から必要とされ続ける業種であることを目指しています!
経営理念 1.顧問先の繁栄を第一に考えること
2.迅速な対応をすること
3.社会の発展に寄与すること
所在地 長野県長野市大字村山307
従業員数 4名
資格者数 ■税理士1名 ■ファイナンシャルプランナー1名
事務所URL http://watanabe-zei.net/now.php
2012年顧問企業の増加実績 ■不動産業1社 ■医療法人・医業1社 ■税務調査3社 ■独立・開業・設立支援1社 ■公益法人会計1社
今後伸ばしていく分野 新規開業者との顧問契約を増やしていくこと
新規開業者の指導を行い、新規開業者の事業の発展につなげます!
説明画像
渡辺税理士事務所の玄関です

新規開業者の支援をする!

渡辺税理士事務所
所長 渡辺 典昭

―貴事務所の強みを教えて下さい。
多種にわたる事業形態の顧問先に関わっていることが、大きな強みです。
株式会社、有限会社、青色申告事業者、医療法人、社会福祉法人、NPO法人、マンション管理組合法人、協同組合など、多くの事業と関わることで事業特有の課題解決が、他の事業に役立つといったことがあります。もちろん"繁栄する"という共通の課題のなかで、その事業の範囲のなかだけではなく、多種多様な課題に向き合えることは、とくに新しいことをはじめようとする新規開業者にとっては、強みになります。

―なぜ、御社の顧問先企業は増え続けているのでしょうか?その秘訣を教えてください。
顧問先の繁栄を第一に考えて、迅速な対応を心掛けているからです。"繁栄を第一に"ということは、税理士事務所が押し付けるのではなく、顧問先に合わせて柔軟かつ迅速に対応することです。例えば、会計ソフトに関して大方の税理士事務所は特定の会計ソフトにこだわる方もいらっしゃいますが、当事務所では、顧問先が選んだ会計ソフトに合わせた仕事をします。もちろん当事務所で使っている会計ソフトをお勧めすることもありますが、それが第一ではありません。あくまでも顧問先主導での支援をすることが大事です。さらに当事務所のスタッフ全員が、顧問先からの問い合わせに対しては、素早い回答をすることを徹底しています。そういったことが評価されていると思います。

―これから税理士を開業される方にアドバイスをお願いします。
会計ソフトやインターネットの普及により、税理士に求められることが変わってきました。税理士が常に社会から必要とされるように自らが変わっていけるようになってください。自分自身の固定観念だけではなく、幅広く情報収集するように心掛けることが大事です。

―経営者の方にメッセージをお願いします。
当事務所では、毎月試算表を作成してしっかりと分かり易く説明をします。経営者の方には、経営状態をタイムリーに把握することができ目指すべき繁栄までの道筋がはっきりするよう心崖ています。とくにおススメするのが、自計化です。なにか分からないことなどがあれば、素早く対応いたしますので、安心してお任せください。

―今後の事業展開をお願いします。
今後も新規開業者の支援に努めてまいります。会計ソフトの導入から自計化への指導を行い顧問先の繁栄を目指します。役員報酬の決め方や社会保険の加入の仕方など開業当初は、やらなければいけないことが多いです。そういった必要なことを分かりやすく対応していくことで、新規開業者の顧問先を増やしていきたいと思います。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

※成長中の税理士100に掲載されている内容については、監修企業である日本企業支援センター(株)に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ