成長中の税理士100
顧問先が「儲けるために」全力を注ぎます!儲けるしくみをご提供します!

山本公認会計士事務所 代表公認会計士・税理士 山本邦人

山本公認会計士事務所
代表公認会計士・税理士 山本邦人
1997年 神戸商科大学商経学部卒
2000年 新日本監査法人入所
2004年 中央青山監査法人入所
2005年 山本公認会計士事務所開業
ビジョン 中小企業の再生により日本経済を復活させる!
中小企業の利益を追求し、10年間で1,000社に「儲けるしくみ」の提供を行います。
経営理念 顧問先の繁栄のため常に「現状把握」「課題抽出」「改善」を図り、「儲けるしくみ」を構築し、共に発展する。
所在地 大阪市中央区今橋1-7-19北浜ビルディング4F
従業員数 3名
資格者数 ■税理士1名 ■会計士1名
事務所URL http://www.accg.jp
2010年顧問企業の増加実績 ■卸売業1社■小売業2社 ■製造業2社 ■不動産業1社 ■情報サービス関連1社 ■決算申告21社 ■税務調査社0社 ■経営計画・財務・経営分析21社 ■人事・労務指導1社 ■独立・開業・設立支援3社 ■労働保険・社会保険14社 ■労働保険・社会保険14社
今後伸ばしていく分野 中小企業の事業再生に役立つ業務に特化していきます。
・銀行対応を含めた、資金繰り改善
・事業構造の再構築を行い、収益改善
・長期的に儲かる会社に生まれ変わるための仕組み構築
これらの支援に注力していきます。
説明画像
山本公認会計士事務所が入っているビルになります。
説明画像
オフィス入口です。お気軽にお尋ねください。
説明画像
応接室です。ここでお打ち合わせを行います。

顧問先の利益が第一優先です

山本公認会計士事務所
代表公認会計士・税理士 山本邦人

―貴事務所の強みを教えて下さい。
今は、「若さ」ですね。
税理士の平均年齢が60歳以上と言われているなか、私が36歳、スタッフも全員30代半ばぐらいです。
対応が早いと喜ばれています。元気ですからね。
それ以外には、顧問先との毎月の「MTG」ですね。ただ、資料を受け取るとか会計ソフトの入力に伺うということではなく、経営改善のための「MTG」をやるんです。しかも私一人で対応するのではなく、再生コンサルタント、税務コンサルタント、経理コンサルタント等複数の専門スタッフがチームで対応しますよ。やはり、経営者の目で経営状態の課題を発見でき、目的のための手段を一緒に相談できる場を作るというのは、安心と信頼に繋がると思いますよ。

―なぜ、御社の顧問先企業は増え続けているのでしょうか?その秘訣を教えてください。
やっぱり「結果」ですね。常にお客様や紹介者様のご要望にお応えし、社長の期待以上に成果を出すことですよ。そのために、「ご依頼されたからには決して損はさせない」という強い覚悟を持って接しています。
業務面についてはITを駆使し、徹底的に効率化させています。
でも人間的な部分だけは、非効率になろうとも心がつながるよう親身に対応することが秘訣だと思います。

―これから税理士を開業される方にアドバイスをお願いします。
会計、税務が経営に及ぼす影響はますます増加しています。税理士業界は飽和状態と言われますが、会計・税務の専門家としての立場から経営全体に役立つサポートができる人材はむしろ不足しているでしょう。
税理士業界も勝ち組、負け組の二極化は顕著になっています。何よりも勤勉であり、努力を惜しまないことで、明るい未来が見えてくるのではないでしょうか。

―経営者の方にメッセージをお願いします。
長引く不況の中でなかなかお金が残らない時代ですが、実はちゃんと儲かっている会社も少なからずあります。つまりここでも二極化が進んでいるのです。
商売というのは科学であり、同じことをすれば同じ結果が出るはずであると、様々なお客様を見てきてそう確信しています。
ですから正しいやり方を実行していけば、必ず道は開けます。その道を私どもも一緒に歩ければと思っています。

―今後の事業展開をお願いします。
日本経済の復活は中小企業の再生にかかっていると考えています。そこで私たちは今後10年間で1,000社のお客様をサポートし、儲かる会社に生まれ変わるためのお手伝いをすることを使命としています。
そのためには銀行対応、ITによる業務の効率化、売上増加策など、会計・税務を中心とした経営全般のアドバイスができるよう経験とスキルを上げていきたいと考えています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

※成長中の税理士100に掲載されている内容については、監修企業である日本企業支援センター(株)に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ