成長中の税理士100
経営力を強くするために、私たちはお客様に戦うための「武器」を提供します!

山下会計事務所有限会社ブレーンズ・コンサルタント 代表 山下 和益

山下会計事務所
有限会社ブレーンズ・コンサルタント
代表 山下 和益
1994年 山下会計事務所開設
1996年 行政書士登録
1998年 (有)ブレーンズ・コンサルタント設立
2008年 政治資金監査人登録
2008年 一橋大学大学院 国際企業戦略研究科修了(経営法修士)
ビジョン お客様の成功・発展なくして、私どもの成功・発展はありません。
私達は全力で企業家の皆様を応援していく所存です。
経営理念 関与先企業の発展は、私達の喜びです。
所在地 神奈川県横浜市西区岡野1-10-3 ストーク横浜参番館203
従業員数 7名
資格者数 ■税理士2名 ■公認会計士1名 ■行政書士2名 ■中小企業診断士1名 ■宅地建物主任者1名
事務所URL http://mountain.tkcnf.com
2010年顧問企業の増加実績 ■小売業2社 ■製造業1社 ■不動産業1社 ■情報サービス関連5社 ■独立・開業・設立支援10社 ■労働保険・社会保険3社
今後伸ばしていく分野 大きく5つの分野を推進してまいります。
1.創業支援
2.中小企業の経営承継支援(相続を含む)
3.グループ企業の合併、分割などの企業再編税務
4.企業自らが正確な会計データを得るための自計化(IT化)支援
5.国際税務
説明画像
横浜駅西口から徒歩5分です。
説明画像
こちらが入口になります。
説明画像
所内のお打ち合わせスペースです。

誠実で的確な応援をいたします

山下会計事務所
有限会社ブレーンズ・コンサルタント
代表 山下 和益

―貴事務所の強みを教えて下さい。
お客様の発展・成功がとりも直さず私達の発展です。そういった考えから、お客様に立ちはだかる問題に対しては、事務所内外、関係なく力を結集して対応いたします。
その連携が、ひとつの強みであると思います。
提携先には、弁護士、司法書士、社会保険労務士、米国公認会計士、中小企業診断士などあらゆる分野に精通した方がいます。一人のマンパワーだけに頼らず、連携して課題解決することで、他事務所にはない強みを発揮しています。

―なぜ、御社の顧問先企業は増え続けているのでしょうか?その秘訣を教えてください。
お客様からの信頼ですね。真にお客様に役立つことは何かを十分検討し、ときには言いにくいこともお伝えすることにしています。そういったことを嫌がる方もいるかもしれませんが、本当に大事なことは何かをお客様と、よく話し合います。「お客様の発展のために」という姿勢はいつか分かってくれるのだと思いますよ。
あとは実務を正確にすることですね。税理士として当たり前だと思います。
とくに会計税務については、月次決算を採り常に経営者の意思決定にタイムリーに役立つデータを提供しています。さらに税務申告はほぼ100%電子申告です。さらに、このような高品質のデータがお客様の経営力のアップに大切であることを、真摯に説明して理解して頂くことに努めています。これも信頼ですね。

―これから税理士を開業される方にアドバイスをお願いします。
税理士として、強い心・正直な気持ちをもって自分の仕事を全うすることだと思います。国から資格を与えられた際には、企業家の皆様の成功のため心から応援することが大切です。しかし、場合によっては厳しいこともいえる税理士なって欲しいと思います。

―経営者の方にメッセージをお願いします。
「企業家は二つの武器を持って下さい。」一つ目は、当然自社の商品やサービスです。二つ目の武器は経営という武器、つまりは数字です。会計データを見ない経営は、計器をみないで飛行機を操縦するようなものです。危険です。しかし、今から簿記を学ぶ必要はありません。二つ目の武器は当事務所が提供いたします。会社は黒字であることが必要です。黒字であればこそ、様々な税法上の恩恵を受けられるのです。二つの武器を有して「強い経営力」をもっていただきたいと思っています。

―今後の事業展開をお願いします。
先ほどもお話したように、起業家の応援はもとより、中小企業の事業承継(相続を含む)、企業再編税務によるグループ企業の効率化、国際税務などへの注力をしています。そのために、今は経営者の皆様が経営力を付けるための会計を提供しています。つまり自計化によるタイムリーなデータと、その解説のための専任スタッフです。スタッフに関しては、精力的に採用しています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

※成長中の税理士100に掲載されている内容については、監修企業である日本企業支援センター(株)に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ