成長中の税理士100
社長の喜ぶ笑顔を見たい

税理士法人青木会計 代表社員 青木廣志

税理士法人青木会計
代表社員 青木廣志
1970年 専修大学商学部卒業
1970年 専門学校で税務会計の教育指導
1973年 税理士試験合格
1973年 大手電機メーカー本社で税務申告、有価証券報告書作成
1976年 大手会計事務所の勤務
1977年 青木会計事務所創業
2006年 組織変更し、税理士法人青木会計となる
ビジョン 中小企業経営者に元気を与えることにより社会貢献を行う
経営理念 1.関与先企業の繁栄のため、何をすべきか希求し、誠心誠意をもって奉仕する。
2.われわれの商品は、知識と人格であると心得、知識と人格の涵養(カンヨウ)に努める。
3.自他の幸福のため職場の規律を厳守する。
所在地 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-29-12
従業員数 15名
資格者数 ■税理士2名 ■行政書士1名
事務所URL http://www.aokikaikei.jp/
2010年顧問企業の増加実績 ■卸売業2社 ■小売業3社 ■製造業2社 ■医療法人・医業3社 ■決算申告5社
今後伸ばしていく分野 記帳業務と監査業務を分け、記帳業務の受託を積極的に展開する。
説明画像
社員旅行でのスタッフ集合写真

関与先指導は、トータルでバックアップ

税理士法人青木会計
代表社員 青木廣志

―貴事務所の強みを教えて下さい。
当事務所の風土が強みだと思っています。
昭和52年の開業から、関与先企業の問題解決に東奔西走してまいりました。そのうちにノウハウが蓄積し、さらに関連士業の方とも連携することができ、関与先へトータルでバックアップ体制を築くことが出来ました。そういった長年の積み重ねから、関与先が抱える問題に懸命に応え、努力する風土が生まれたと思っています。

―なぜ、御社の顧問先企業は増え続けているのでしょうか?その秘訣を教えてください。
関与先の拡大は、関与先の紹介が紹介を呼んでの地道な拡大で、派手さはありませんでした。1社1社社長や奥様の顔色が分かる付き合いの中での紹介でしたので、紹介先の要望に応えられるよう懸命な努力をしてまいりました。その結果だと思います。

―これから税理士を開業される方にアドバイスをお願いします。
人のつながりを大事にしてほしいと思います。
税務会計はもちろんですが経営における知識は幅広く必要となり、また高度化しています。一人では限りがあることを自覚して、同業者仲間を増やし、また他の士業との付き合いを広げ、情報が得られる環境を作って頂きたいですね。

―経営者の方にメッセージをお願いします。
厳しい経営環境が続きます。経験や感性で経営できた時代は終わり、科学の時代になったと思います。予測をし、予測と外れたら分析を行い、新たな予測を企てるというように経営計画の策定をしてください。中小企業の社長は、何から何までやらなければならないため大変多忙です。是非、多忙な仕事の一部を外部に委託し、社長の専門に精を出せる環境を構築してください。

―今後の事業展開をお願いします。
記帳業務と監査業務を分けて、記帳業務の受託を積極的に展開します。
正確で早い記帳業務と、経営計画の策定などのように社長と一緒に考えなければいけない業務とは、明確に分けて提供することにより、事務所内の効率化や、お客様へ経営判断資料作成を迅速に提供できる環境を整えていこうと考えています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

※成長中の税理士100に掲載されている内容については、監修企業である日本企業支援センター(株)に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ