成長中の税理士100
経営者の方々に、税務・会計を通して、安心と確実、信頼のサービスを提供します

竹松税理士事務所 税理士 竹松 紘一郎

竹松税理士事務所
税理士 竹松 紘一郎
1966年 戸田建設株式会社
1967年 会計事務所勤務
1968年 富士短期大学(現在富士大学)卒業
1976年 税理士登録
1979年 竹松税理士事務所独立開業
ビジョン お客様の発展のために様々なニーズにお応えできる事務所を目指します!
経営理念 お客様の発展のために
1.毎月巡回監査を実施して、正確な月次試算表を提出します
2.税金を1円でも多く納めないように節税を考えていきます。
3.お客様の発展のため経営計画策定の助言をします。
所在地 埼玉県ふじみ野市大原1-6-17
従業員数 3名
資格者数 ■税理士1名
■行政書士1名
■ファイナンシャルプランナー1名
事務所URL http://takematsukaikei.tkcnf.com
今後伸ばしていく分野 経営者自身が、リアルタイムで経営状況が把握できるよう、 「経営計画の策定」に力を入れていきます。
さらに、経営の先でもある事業承継、相続対策も積極的におこないます。
説明画像
埼玉県ふじみ野市に事務所があります
説明画像
正面からの写真です
説明画像
所内はこんな様子です

社長と目標を共有し、目標を達成する。それが最大の喜びです。

竹松税理士事務所
税理士 竹松 紘一郎

―貴事務所の強みを教えて下さい。
実務的な面で言うと、金融機関や税務官公署から信頼される決算書の作成。さらに毎月の巡回監査を励行しています。いわゆる税務顧問と思われがちですが、なにより重要であり、強みにしていることは、社長との目標を共有していることだと思います。
私たちの顧問先となった際には、まず経営計画の策定から行います。
もちろん社長ご自身で既に作られている方もいらっしゃいますが、そこは、あえて私たちと作ります。これだけでも、社長と目標を共有し、信頼関係は社員以上に構築できています。しかし、その分感情移入してしまい専門家らしくなく、社長と一緒に一喜一憂してしまうことも多いです。このようなところが強みなのではないでしょうか。

―なぜ、御社の顧問先企業は増え続けているのでしょうか?その秘訣を教えてください。
社長との信頼関係が一番だと思います。
とことんまで、信頼関係を突き詰めると、不思議と顧問先を紹介されるときも、社長の信頼関係が厚い方をご紹介されます。私たちに相談にくるお客様から、「税理士がきてくれない」「決算が期日ぎりぎりになってしまう」といった話を聞きます。
私にとっては驚かされることばかりです。「毎月の訪問」「迅速な対応」「誠実な対応」こそ信頼関係には一番重要だと考え、実践し、あたりまえに行ってきたことでしたが、全然違うようです。もしかしたら、これが秘訣なのかもしれません。

―これから税理士を開業される方にアドバイスをお願いします。
たとえどんな些細な仕事でも出来ることは、きちんとしてあげてほしいと思います。
社長は、私たちに頼ってきているのですから、お客様を会社規模の大小で選り好みしたりしてはいけません。会社は規模ではなく、人と同じく個性なのですから、それをよく理解して、真摯に仕事を完遂することが大事だと思います。ただ、脱税など違法行為については、はっきりノーといえることが税理士には必要です。

―経営者の方にメッセージをお願いします。
帳簿作成などの会計は税務署のためだとか、銀行のためだとかいうのではなく、会社を倒産させないために行うことです。そのため、記帳は他人任せにするのではなく、経営者自ら行えなければいけません。しかし、それはなかなか難しいところだと思います。だからこそ、経営者は現金管理、税理士は帳簿作成などの役割を明確にして、経営指標などについては、税理士をうまく活用して助言を受けてください。税理士も社長も倒産はさせたくないはずです。

―今後の事業展開をお願いします。
最近は、会社設立がしやすくなった半面、目標もなく会社を設立される方も増えています。
そのような新設法人に、まず経営計画書の作成により目標を見出し、記帳などを指導してきたいと思っています。目標を共有できる社長を増やしていきたいですね。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

※成長中の税理士100に掲載されている内容については、監修企業である日本企業支援センター(株)に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ