世界の常識を変えるWEBサービス100
ローカルグラフで世界をつなぐ"Eyeland"

オーシャンズ株式会社 共同創業者/代表取締役 河村 龍

オーシャンズ株式会社
共同創業者/代表取締役 河村 龍
2004年 ヤフー検索広告プロジェクトリード
2008年 バイドゥプロダクト部門マネージャ
2010年 オーシャンズ設立
ビジョン インターネットを日々の実生活にもっと役立つものにしたい
目標 ローカルグラフで世界をつなぐ
事業内容 地域コミュニケーションサービス"Eyeland" の提供
所在地 東京都千代田区九段北1-4-1-6F
資本金 5,411万2,000円
採用計画 随時
募集職種 ・エンジニア
・デザイナー
・PR/マーケティング 他
企業URL http://oceans-inc.com/
サービスのURL http://eyeland.in/
自社のウリ 経験豊富で国際色豊かなスーパーチームです。

インターネットに決定的に不足しているもの

オーシャンズ株式会社
共同創業者/代表取締役 河村 龍

―サービス内容を教えて下さい。
Eyelandは位置情報を利用した地域コミュニケーションサービスです。直感的なマップインターフェースを利用し、ユーザー同士がチャットや投稿を通して情報交換できるサービスです。"いま、その場所"にいる人々のゆるい関係性がコミュニケーションの基盤となっており、私たちはこの関係性を"ローカルグラフ"と呼んでいます。このローカルグラフを可視化し、コミュニケーションを発生させることで、日々の生活に密着した本当に役立つ情報がやりとりされると考えています。

―サービスを作ったきっかけを教えて下さい。
オーシャンズのメンバーは、創業前、大手検索サービスに従事しておりました。そこでは、常にネット上の情報や人の流れに触れていましたが、決定的に不足している要素として、"地域を意識したコミュニケーション"というものがあげられました。SNSが普及したことで、"友人"や"同僚"とのコミュニケーションは活発になりましたが、"地域"という軸においてはあまり影響がありません。インターネットをもっと"実"生活に役立つものにするためには、地域の人々とのコミュニケーション、そこで行われる生きた情報のやり取りが不可欠であると考え、"Eyeland"の開発へとつながりました。

―社風・風土について聞かせて下さい。
オーシャンズは、創業メンバーの平均年齢が36歳という、最近のスタートアップには珍しいシニアなチームです。年齢は高いですが、その分のインターネット業界での各自の経験をベースに、世の中に本当に必要な全く新しいプラットフォームを構築するというチャレンジをしています。また、メンバーには外国人も1/3ほど含まれており、まさに国境や人種を超えた楽しいコミュニケーションで満ちあふれるような世界を切り開こうとしています。

―今後のサービスの展望を聞かせて下さい。
現在のユーザー数は50万人、今年中に100万人突破を目指します。そのためのポイントの一つは、健全なコミュニティの育成になります。多くの人が安心して心地よくコミュニケーションを楽しめる場になるよう、環境を構築・強化していきます。
もう一つのポイントは海外展開です。既にiPhone, Androidともに英語版を提供しておりますが、今後各国の言語に対応していく予定です。
採用情報
  • Oceans Inc.

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ