世界の常識を変えるWEBサービス100
新しい学びの選択肢をつくる

株式会社スクー 代表取締役社長 森 健志郎

株式会社スクー
代表取締役社長 森 健志郎
1986年 大阪府大阪市生まれ
2009年 近畿大学経営学部経営学科卒業
2009年 リクルートに入社
2011年 株式会社スクー設立
ビジョン 「WEBに誕生した、新しい学校のカタチ」schoo WEB-campusで、大人になっても学び続けられる世界を創る。
事業内容 インターネットサービス及び、教育コンテンツ事業
所在地 東京都渋谷区桜が丘町30-4
企業URL http://schoo.jp/

WEB上でのユーザー同士の交流を通じて、学校の新しいカタチを創出する

株式会社スクー
代表取締役社長 森 健志郎

―サービスを作ったきっかけを教えて下さい。
「学び」は大昔からあったような、黒板の前に座って一方的に先生の話を聞くという形態がほとんど変わっていません。受講生の間でも何かが共有されることは少ない。もし、それを「新しいカタチ」として提案することが出来れば、更なる人間社会の発展に繋がるのではないか、と考えています。目的を達成するために勉強するのではなく、勉強する事を目的し、知的好奇心が満たされる、新しい学びの選択肢を世の中に提供することで、「知的娯楽」という新しい市場・カテゴリーを創出していくためにschoo WEB-campusというサービスをスタートさせました。

―現在の会員数・ユーザー属性は誰ですか?
現在の会員数は20,000人程度、20歳前半から30代前半の男女で会社員の方が最も多いです。その中でも、自らサービスを創ろうとしている方や、クリエイティブ系と言われる職種の方が多いのではないでしょうか。しかし、最近では、主婦の方や前述よりも年齢層が高いユーザーの方にも参加いただけるようになりました。これからのソーシャルメディアの拡がりを参照した場合、今後はより幅広い世代の皆様にご利用いただけるサービスとなると思います。

―社風・風土について聞かせて下さい。
株式会社スクーには、「毎日が、文化祭前日」という社是があります。対象を決めてその目標に向けての努力は厭わない。課題や目標をひとつずつ要素分解をして、あとはその要素を淡々とこなしていく。それが株式会社スクーにおける仕事のやり方の基本ですが、それでいて、毎日が文化祭前日のようにワクワクしながら仕事に取り組んでいきたいと思っています。「WEB上にできた、学校の新しいカタチ」と掲げていることもあり、毎日楽しく、一生懸命頑張っています。

―今後のサービスの展望を聞かせて下さい。
弊社の主要サービス、schoo WEB-campusは、まだ「キャンパス」が出来たばかりです。今はそのキャンパスで行われる授業を徹底的に面白くすることが重要だと考えています。その中でユーザーの皆様に満足していただけようサービスを強化していきます。「学び」が「何かを達成するための手段」だと捉えられがちな昨今ですが、学ぶという行為が「目的」であっても良いと思います。「学ぶこと」のイメージをもっとポジティブに変えていきたい、そして、ユーザー同士の意見が積極的に交換される場となり、知的好奇心を満たすための学びの場にしていければと考えています。加えて、言語の壁を字幕等で超える事で、もちろん日本で浸透させてからの話ですが、世界に発信していきたいと考えています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ