世界の常識を変えるWEBサービス100
革新的なサービスを創るために集結したオールスター集団。

株式会社ベストティーチャー 代表取締役社長 宮地 俊充

株式会社ベストティーチャー
代表取締役社長 宮地 俊充
2005年 青山学院大学法学部卒業
2007年 公認会計士試験合格
2007年 世界最大の会計事務所に入所
2009年 独立系M&Aファームに転職
2011年 株式会社ベストティーチャーを設立
ビジョン 英語が話せる日本人を増やす。
目標 まずは2012年4月末のリリース、有料会員さんにクオリティの高いサービスを提供し続けます。
事業内容 ・オンラインでの革新的英会話レッスンサービス
所在地 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第5叶ビル5F co-ba shibuya
資本金 1,100万円
株式公開 5年以内に上場予定
採用計画 ・英語ができるインターン若干名に限り
企業URL http://www.best-teacher-inc.com/
自社のウリ ■会計士試験合格、M&Aアドバイザー、ITベンチャーCFOを経て起業した経験豊富なCEO
■未踏スーパークリエイター認定のCTO
■Ruby on Railsのスペシャリストが集結
説明画像
このようなオフィスで働いています。
説明画像
co-baインタビュー時です。
説明画像
現インターンの2人です。

破壊的イノベーションじゃなきゃ、ベンチャーじゃない。

株式会社ベストティーチャー
代表取締役社長 宮地 俊充

―サービス内容を教えて下さい。
細切れのスキマ時間で出来る英会話レッスン。

―サービスを作ったきっかけを教えて下さい。
社会人になった時から英語の勉強をしていて、英会話スクールに通ったりしていましたが、未だにちゃんと喋ることが出来ません。なぜ喋れないのかを突き詰めて考えた結果、普段から英語のフレーズをストックして、自然と英語が出るようにしておく必要があると考えました。具体的には、あるシチュエ―ションを設定して、先生と生徒が文字でチャットをする。先生が生徒の文章を添削して、スクリプトを完成させる。そのスクリプトを元に先生が音声を吹き込んでくれる。それを復習して、次にリアルタイムで実践する。その一連の流れを素早く回す。高速PDCAを体現できれば、英語は喋れるようになると考え、自分でサービスを作ろうと思いました。

―現在の会員数・ユーザー属性は誰ですか?
事前登録の段階で800人ぐらいです。現在は、自分の知人や、スタートアップ好きの方々が登録して頂いているような印象がありますが、今後は一般層に浸透させていきます。4月末のリリース時には事前登録2,000人、さらに今年中に有料会員を5,000~10,000人に増大させたいです。長期的には、英語学習者(TOIECの年間受講者)が現在200万人ぐらいですので、その1%の2万人が有料会員になると見ています。

―社風・風土について聞かせて下さい。
エンジニアとデザイナーがクリエイティビティを発揮できるオフィスの環境や働き方を整えたいと思っています。人柄で人材採用を行っていき、会社のビジョンと方向性が合うかどうかを初期メンバーの20人くらいまでは大切にしたいです。このサービスが回り出したら、さらに誰も見たことのない新しいサービスを作っていきたいと考えています。ベストティーチャーというサービスは、教育系のサービスですが、教育に問題意識を持っている方だけの会社にしたいのではなく、新しいことがしたい人、オリジナリティー溢れる人と一緒に働きたいと思っています。

―今後のサービスの展望を聞かせて下さい。
4月末にサービスをリリースして、有料会員が増加している状況で、6月にスマートフォンアプリをリリースさせて、秋には爆発的に利用者を増やしたいと思っています。C向けで一定の成果を得たら、次は法人営業に力を入れます。Cで英会話が上達する!という成果が出ていれば、Bでも受け入れていただける考えています。ゆくゆくは、あっと驚くような企業様とも提携していきます。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ