世界の常識を変えるWEBサービス100
領域に捕られず能力を身につけていく柔軟な思考力が、社会的課題にアプローチする新しい事業を生み出す。

リレーションズ株式会社 取締役 加藤章太朗

リレーションズ株式会社
取締役 加藤章太朗
1984年 東京都生まれ
2008年 慶応義塾大学経済学部卒業
2009年 リレーションズ株式会社創業
ビジョン 人の欲求を満たすと同時に裏側で”環境問題”、”貧困問題”にアプローチ出来る解決策を創造します。
目標 サイクルシェアリングのシステムを日本に根付かせます!
事業内容 企業向けの省エネ•省コストコンサルティング事業
サイクルシェアリング事業
所在地 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町2F
資本金 1,500万円
財務情報 2009年1月期実績 7,000万円
2010年1月期実績 2億4,000万円
2011年1月期見込 4億円
株式公開 検討中
採用計画 「良い人がいたら採用する」というスタンスで随時募集中!大量採用は考えておりません。
募集職種 •コンサルタント
•モバイルアプリのプログラマー
企業URL http://www.relationsgroup.co.jp/
サービスのURL http://cogoo.jp/
自社のウリ ■社会的な課題の解決を最上位概念とし事業作りをしている
■自分の適正や過去の経験に捕らわれず各メンバーが能力開発を精力的に行っている
■ワークライフバランスを重視している
説明画像
説明画像
説明画像


リレーションズ株式会社
取締役 加藤章太朗

―サービス内容を教えて下さい。
町の色々なところに設置出来るコンパクトな無人サイクルシェアリング(自転車共有)サービスです。サイクルシェアリングは、町中のどこでも自転車をレンタル出来るサービスで、パリやニューヨーク等の世界の主要都市で次世代の交通手段として広がりつつあります。しかし、既存システムは大きな設備を必要とするため、イニシャルコストが高くなり、今一歩普及が進まない状態です。弊社は、モバイルアプリの機能を最大限に活用し、機器をコンパクトにし普及しやすいモデルを開発しました。今後は、観光地、マンション、オフィス、など様々なところに設置をし、新しい移動手段を構築していきたいと考えております。

―サービスを作ったきっかけを教えて下さい。
新規事業を立ち上げるにあたり、「環境」という切り口で30個程ビジネスアイデアを考えました。その中でもサイクルシェアリングは、1.「利便性」という人の根源的欲求にアプローチが出来る、2.既存モデルの課題を解決し得る技術革新(モバイルの技術革新)が起こっている、3.なにより私自身が自転車好きで自分が欲しいサービスである、という3つのポイントから製品を作り始めました。

―現在の会員数・ユーザー属性は誰ですか?
【サイクルシェアリング事業】
現在は、まだ試作機での実験段階です。本格ローンチ後は、マンションでの展開がスタートしますので、20〜30代の主婦をターゲットに、子供を乗せられる電動自転車での展開を考えております。

【コンサルティング事業】
既存事業は、約150社の顧客基盤に対し、コンサルティングを提供させて頂いております。学習塾、スーパー、がお客様の中では多いです。

―社風・風土について聞かせて下さい。
新しい技術や苦手分野にどんどんチャレンジすることを推奨しております。環境問題等の社会的な課題を解決することを最上位概念として事業展開をしておりますので、今何が出来るかから考えるのではなく、問題解決に必要な要素を考え、身につけるという考え方をしております。

―今後のサービスの展望を聞かせて下さい。
マンション、オフィス、観光地、などに無人レンタサイクルとして設置をしていき、生活に根ざしたサービスとして収益化を狙っていきます。アプリケーションダウンロードが一定数確保された後に、街中でサイクルシェアリング(どこでも借りれて返せる自転車共有サービス)を運営し、便利で環境に優しい次世代の交通網を築いていきたいます。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ