E-1クラブ
お客様も従業員も家族も、笑顔にする事で社会貢献できる企業を目指す!

株式会社串カツ田中 代表取締役 貫 啓二

株式会社串カツ田中
代表取締役 貫 啓二
2002年 株式会社ノート設立
2015年 株式会社串カツ田中へ社名変更
経営理念 お客様の笑顔を一人でも多く生むことにより社会貢献し、全従業員の物心両面の幸福を追求する。
ビジョン 100店舗、200店舗、そして海外展開を目指しています
運営ブランド ■串カツ田中
本社所在地 東京都品川区東五反田1-7-6 藤和東五反田ビル5F
資本金 2,000万円
採用計画 正社員、アルバイト共に積極採用中!
募集職種 店長・店長候補・スーパーバイザー
会社URL http://www.kushi-tanaka.com
自社のウリ ■20代若手社員多数活躍、完全週休2日制、年間休日105日以上
■明確な評価制度、各種インセンティブ、育児手当、充実の研修制度有
■海外展開計画有、海外慰安旅行、大阪研修、その他社内イベント多数
説明画像
海外慰安旅行。
2013年はグアムでした!
説明画像
20代のスタッフがお店を盛り上げています!
説明画像
社員・アルバイトでBBQ!

一人でも多くのお客様に、串カツ田中の味と雰囲気を伝えたい

株式会社串カツ田中
代表取締役 貫 啓二

―御社のお店づくりに対するこだわりやコンセプトをお聞かせください。
こだわりは、絶妙なバランスで計算し尽くされた衣・油・ソースの三つです。その三つはどれも企業秘密なので、詳しくはお教えできませんが、うちの社員やスタッフでも、私と田中以外は「田中の親父さんのレシピ」を知りません。その位、オリジナルの味を大切にしています。また、ソースは数種類をオリジナルでブレンドしているので、奥行きのある味となっていますし、揚げ油も様々な油を配合し、しつこくなく、衣とソースのじゃまにならないように考えました。

―御社が堅実にお客様から支持されている理由をお聞かせください。
言ってしまえば、単に味だと思います。うちをリサーチされるお店さんも多いようで、結構似ているお店も出てきてるんですよね(笑)
メニューを真似していたり、価格帯も同じくらいのところとか。実際に、本当にうちと同じようなメニューと価格帯で営業しているお店を見たことがありますが、やっぱりダメでしたね。最初2ヵ月は入っていたようですが。
ソースの味がまったく違うので。うちのオリジナルブレンドを真似することはできないんですよ。一概には言えませんが、やはりソースの味に違いがあると思いますね。

―御社で活躍する人材はどのような方ですか。
活躍する人材と言われると非常に困ってしまうのですが、未経験でも問題なく活躍できますね。私が一番大切にしているのは、スタッフにこそ一番の『串カツ田中』ファンになってもらうことです。他店でも働いた経験があって飲食店が大好きというスタッフはどうしても、今はどういう店が流行っているとか、こういうメニューで売上があがっているなど、飲食業界について詳しくなります。
でも経営者の私としては、いろんな店の議論をしたって意味がないと思うんです。他の飲食店の情報が豊富な飲食店のプロより、自分の働くお店についてたくさん考えてくれる、『串カツ田中』のプロになればいいんじゃないかと思っているんです。

―今後の成長計画を含めた、ビジョンをお聞かせください。
直近の目標は、『串カツ田中』の店舗数を100店舗、200店舗と増やすことです。店舗数が増えるということは、世の中のお客様から必要とされている証拠です。今以上にお客様から必要とされる存在になり、美味しい串カツを食べてもらって一人でも多くの人を笑顔にしたい。それは社会貢献だと思うんです。そして社会貢献すればするほど、利益も生みだすし、社員にも利益を還元できます。これまでも飲食業界では難しい週休2日を導入しましたが、みんなに働き心地がよく長く働きたいと思う会社でありたいと思うからです。これからも、社員・スタッフが当社で働いていることを誇りに思ってもらえるような、愛される店舗を作っていくのが夢ですね。

―飲食業界における御社の使命をお聞かせください。
僕がまだ店に立っていた頃、世田谷店にあるお客様から「車椅子だけれど、お店に行っても大丈夫ですか?」というお電話をいただいたことが始まりでした。

まだバリアフリーではありませんでしたが、「自分も含めスタッフもできる限りお手伝いしますよ。」とお伝えし、来店いただきました。

まず店の入口に段差があるので、車椅子を私がかつぎ、他のお客様にもご協力いただきながら、スタッフ全員で机を移動して、席についてもらいました。普段は段差があるからって結構断れていたらしいんですが、段差があってもいやな顔しないで対応してくれたって、大変喜んでいただいて。こちらは当たり前のことをしただけなのに、こんなに喜んでもらえるならと思い、一部の店舗でバリアフリーや、車椅子が回転できるユニバーサルトイレの導入など、できることから始めました。もちろん、限られたスペースで多くのお客様にご利用いただくことは、我々飲食店では売上を左右する重要な部分となってくるので、全てバリアフリーにはできていません。ただ、店舗がバリアフリーでなくても、スタッフには「心のバリアフリー」であることの大切さを教え、ささやかですがお客様のサポートをさせていただくよう、教育しています。

今後、この「心のバリアフリー」をプロジェクト化し、社団法人日本居酒屋協会と一緒に、全国の飲食店へ広めていきたいと考えています。
採用情報
  • リクナビ2015

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ