E-1クラブ
圧倒的鮮度を軸に本物の美味を追求します!

株式会社スプラウトインベストメント 代表取締役 高橋 誠太郎

株式会社スプラウトインベストメント
代表取締役 高橋 誠太郎
1974年 宮城県仙台市生まれ
      慶應義塾大学 法学部入学
      日本エル・シー・エー 入社
2002年 有限会社スプラウト設立 代表取締役就任
経営理念 ビジネス=エクスタシーをモットーに<シーン>を提供する
ビジョン 本物の美味を追求して最強の個店集団を形成する
運営ブランド ■イカセンター(イカ料理専門店)
■とりはだ(焼鳥専門店)
■魚ばか(天然地魚専門店)
■船形(こだわりの魚料理専門店)
■フレッシュ UOBARU (うおばる)
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町5-3KOWA川崎駅前ビル5F
株式公開 検討中
採用計画 ・新卒(総合職) ・新卒(専門職) ・キャリア(社員) ・キャリア(プロ社員)
続々出店予定につき当社と価値観の合う方は人数制限なく随時募集
募集職種 ・店舗スタッフ、店長候補、調理スタッフ、料理長候補
会社URL http://www.biz-xtasy.com/index.html
自社のウリ ■プロ中のプロになるステージがある
■学期制を分けて年に3回、評価・昇給のチャンスがある
■志の高いメンバーばかりで、スタッフ同士仲間意識が強い
■本物志向を追求しており会社と共に成長できる環境がある
説明画像
透き通ったイカが自慢です!
説明画像
天然活魚にこだわります!
説明画像
鮮度抜群の焼鳥は感動間違いなし!

飲食業の極みを目指す

株式会社スプラウトインベストメント(他グループ会社4社)
代表取締役 高橋 誠太郎

―御社のお店づくりに対するこだわりやコンセプトをお聞かせください。
■圧倒的な鮮度を軸に本当の美味を追求すること
■センス良く、マナー良く、かっこ良く、ハイレベルな人材力、営業力
■専門店として<シーン>をお客様に提供する
「専門店」として、オンリーワン、ナンバーワンのポジションを構築することを重要な戦略と捉えています。もちろん、並大抵のことで専門店と認めて頂ける訳ではありません。素材への情熱向上、提供方法の勉強、店構えや表現方法に至るまで真剣に取り組んでいます。

―御社が堅実にお客様から支持されている理由をお聞かせください。
飲食業、外食業では、美味しくあることが大前提です。最高の鮮度の素材であれば、努力している最中の無名職人が作る料理でも勝てるはずです。私たちは美味にとって一番大事なことは「鮮度」であると捉えています。自社で卸会社を保有してまで活魚、朝獲れ朝〆めにこだわるのは、このためです。恐らくお客様からご指示いただけている部分もそこではないでしょうか。業界で常識になっていることでもそれが本当に美味の追求に、お客様の満足に直結しているのか?を常に問い、普通に考えたらできないことでも、ワクワクすること、出来たらすごいこと、に取り組んでいきます。

―御社で活躍する人材はどのような方ですか。
私たちは、本当はダサいと思っているようなお店をしぶしぶ営業することはありません。 自分の店にプライドを持ち、カッコいいと思って営業する集団でありたいと思っています。(もしかしたら世の中一般でいうカッコ良さとは違うかもしれませんが。)
また、仲良しサークルや緩やかな集まりではなく、互いに成長する大人としてしっかり挨拶ができる、素敵な言葉が使える、マナーの良い組織でありたいと思っています。そのような組織づくりも重要な戦略です。それらに適合し、明確な高い志をもったメンバーが活躍しています。

―今後の成長計画を含めた、ビジョンをお聞かせください。
<飲食業の極みを目指す>
当社は冒頭にも申し上げた通り、食材の鮮度に対してとことん追求をしていきます。本物の美味、お客様に対して味とシーンを提供することが大前提です。その上で事業戦略、拡大成長を目指していますので【最強の個店集団】が当社の掲げる成長イメージです。小手先の業態開発ではなく、すべて原理原則に則った飲食業の極みを目指していきます。また、一方で海外出店の準備も進めております。【最強の個店集団】には国内において店舗数、業態数ともに一定の上限があります。そういった観点からも国内だけでなく海外出店も踏まえて事業拡大を進めています。

―飲食業界における御社の使命をお聞かせください。
<業界内への発信>
1つは飲食業界内に発信するメッセージ。
それはこれまでの固定概念を打破し、タブーなき発想で革新していくこと。ただ新しい要素を取り入れることではなく飲食業の商売としてあるべき姿や美味しいものを美味しいタイミングで提供し、美味しいと感じれる雰囲気を演出すること。当たり前のことを他社にまねできないレベルで本気で取り組んだ先に新たな革新が生まれる。そして業界に新しい風を吹かせること。それが一つ目の使命です。
<仲間への発信>
もう一つは、それを築き上げる仲間が将来的に自己ビジョンを達成できること。その環境発信と信じて働ける環境の約束。それが1つ目の使命を達成する上で必要不可欠です。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ