E-1クラブ
人材育成こそが店創りの原点!

有限会社YDR 代表取締役 大村 孝雄

有限会社YDR
代表取締役 大村 孝雄
1968年 東京、中野生まれ
1989年 楽コーポレーション入社
1999年 楽コーポレーションを卒業、独立し『よだれ屋』オープン
2002年 有限会社YDR設立
経営理念 一国一城の主を目指す
ビジョン 日本全国に独立社長を輩出する、全員幸福起業家集団を目指す!
運営ブランド ■博多串焼き・もつ鍋 よだれ屋
■二代目うおたま よだれ屋 本家調布
■博多串焼き・もつ鍋 よだれ屋鬼瓦 府中
■炉端 五代目よだれ屋 渋谷
本社所在地 東京都調布市小島町1-11-3 アルテール調布501
資本金 300万円
採用計画 随時募集中!是非店舗スタッフにお問い合わせ下さい!!
募集職種 正社員/ホールスタッフ・キッチンスタッフ・店長候補
※将来飲食店で起業したい志の高い方大歓迎!
会社URL http://www.yodareya.com
自社のウリ ■起業志望のモチベーションの高い仲間が多い
■契約農家へ研修へ出向いたり、繁盛店視察など勉強できる環境がたくさんある
■店長への裁量が多く、自分のお店だと思ってチャレンジできる環境がある
説明画像
最高のチームワーク!仲間!
説明画像
食材のありがたみ、肌で感じます!
説明画像
最高のお酒と料理でお迎えいたします!

楽しくなければ意味が無い!

有限会社YDR
代表取締役 大村 孝雄

―御社のお店づくりに対するこだわりやコンセプトをお聞かせください。
こだわりは沢山あります。例えば契約農家の食材だったり、接客の強みであったり・・・しかし、一番のこだわりは「スタッフ個人の判断に任せる」ということです。もちろん私もアドバイスはしますが、最終的な判断は現場の人間に任せています。与えられた環境でどんな事が自分には出来るのか、それを考えられる人材を育てたいと思っているからです。例えばお寿司屋さんなんかは、花板に立つ為には10年、20年といった時間がかかりますが、当社では入社してすぐ、板場に立ちます。今の自分自身がどれだけ出来るのかを感じる事が出来る、良い機会になるからです。お店を良くするのではなく、人を育てるのです。

―御社が堅実にお客様から支持されている理由をお聞かせください。
各個人の判断が尊重されるようになると、お店で働くのが楽しくなります。そうすると、馬鹿騒ぎではありませんが、お店の中でわいわいとした活気が生まれるようになります。不思議なもので、そんな空気が、スタッフが「楽しい!面白い!!」といった空気が、お客さまに伝染するんです。お酒を飲みたくさせるようなそんな雰囲気が、弊社の店舗がお客さまに支持されている理由になっていると思います。お客さまに如何に面白い環境を御提供出来るのか、それをアツくアツく考えていてくれるスタッフが多いおかげです(笑)

―御社で活躍する人材はどのような方ですか。
やはり独立志向の人達でしょうか。独立を考えている人は、お店で接客をする際にもまるで自分のお店の様に物事を考えます。そしてどんな事をしたらお客さまに喜んでいただけるか、楽しんでいただけるかを一生懸命考えます。そんな人材はやはりお客様にも好かれますし、お店で一緒に働いているスタッフにも影響を与えます。私が以前いた会社の社長はどんな人からも好かれています。そのように色々な人から好かれる人材、すなわち周囲から支持されるスタッフは活躍しています。

―今後の成長計画を含めた、ビジョンをお聞かせください。
まだまだ今後の予定は未定です。もしかしたら出店するかもしれないし、しないかもしれない。ですがこれだけはいつも変わらず思っています。「みんな独立して、お店を持って飲みにいけたらいいな」と。私自身が「楽」にいたこともあって、せっかく飲食業を楽しんでいるんだから独立しろとよくスタッフにも言っています。そして成長し、卒業して「一国一城の主」となったスタッフみんなとワイワイと騒ぐ事が私の今後の計画です(笑)

―飲食業界における御社の使命をお聞かせください。
最近消費税問題や、放射能問題、風評被害などを含めて、いろいろなところでギクシャクしていますが、飲食店で働く楽しさ、ワクワク感を、この世の中の人々に伝えて行くことが当社の使命と考えています。自分の出来る範囲で楽しんで、そして良きスタッフと良きお店を創る。そうやって少しでも飲食業の楽しさを伝えていけたらよいと思っています。そして弊社を卒業し、日本全国にうちから独立した人材で埋め尽くしたいですね!

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ