E-1クラブ
中国のラーメンの再現をテーマに一杯一杯心を込めて作る料理麺の店です

株式会社ホイッスル三好  代表取締役 三好 比呂己

株式会社ホイッスル三好
代表取締役 三好 比呂己
1955年 東京都恵比寿生まれ
1980年 玉川大学文学部卒業
1980年 家業の中国料理店を継ぐ
1990年 株式会社ホイッスル三好創業
経営理念 自分達が何をするかではなく、お客様がどう感じるかを中心に行動する
ビジョン チェーン店ではなく地縁店、規模ではなく地元に愛される多店舗経営
運営ブランド ■「中国ラーメン揚州商人」31店舗
■活カラーメン元氣一杯
本社所在地 東京都杉並区和泉3ー46-9 YS第一ビル2F
株式公開 上場予定なし
採用計画 2013年度 ・中途20名採用予定
募集職種 店長候補生
会社URL http://www.whistle-miyoshi.co.jp
自社のウリ ■別会社がSMIというモティベーションプログラムを販売していおり、このプログラムをほぼ全員が採用しています
■モティベーションの高さだけではなく、社内に派閥や人種問題などが全く存在しません
説明画像
店舗の内装。
中国の内装をそのまま再現している。
説明画像
千葉の市川二俣店。
壁画がシンボルである
説明画像
一番人気のスーラータンメン。

我が社の使命は「お客様のありがとうを日本一集める」です

株式会社ホイッスル三好
代表取締役 三好 比呂己

―御社のお店づくりに対するこだわりやコンセプトをお聞かせください。
飲食店を作る上で大切なことは、外から見たイメージ、入店した時の内装、店員の雰囲気、開いたメニューのデザインや商品、そして何と言っても商品の味だと思います。そしてこの一連に統一性があり、この一連の流れがお客様の期待を裏切らないことだと思っています。揚州商人はまるで中国に行ったのではないかと錯覚するような内装、豊富なメニュー、単なるラーメン店ではなく女子会がよくあるラーメン店です。

―御社が堅実にお客様から支持されている理由をお聞かせください。
私の祖父は中国揚州の出身です。子供の時から祖父の作ったラーメンを食べ、父が経営する中国料理店で働いてきました。この祖父と父に鍛えてもらった私の舌を信じ、中国に行き様々なラーメンや料理を食べ歩いています。本来、中国のものであるラーメンを、徹底的に追求して日本人の口にも合う商品を開発しています。独自の商品郡は、全てが美味しく、ユニークな内容になっています。実の所、私は日本のラーメンはほとんど食べません。それは自分のブランドを確立する為には、他を真似したり参考にしないことが、大切であると考えているからです。

―御社で活躍する人材はどのような方ですか。
30店舗を超えると、最低限のルールや管理が生じてきます。経営側から見ると、管理をしっかりする店長は非常に助かります。しかし揚州商人のポリシーはお客様第一主義です。給料はお客様から頂いています。ですからお客様がどう感じるかを、一番に考えてくれる人材が一番と考えます。お客様が一番であることを念頭に置き、管理をしてくれる人材を人財と考えています。

―今後の成長計画を含めた、ビジョンをお聞かせください。
100店舗100億円という目標は、創業当時から持っています。しかしある時、店舗の規模や売上目標を、真っ先にかかげることの過ちに気づきました。何故ならば、お客様の来店動機の中に「この店は100店舗あるから来た。」「売上が100億円だから来た。」ということは絶対にありません。お客様は「この店が好きだ。」という理由でいらして下さるのです。お客様の来店の動機と、我々が目指す場所が違うのは、おかしいのではないかということから、100店舗100億円は内側には持っていても、社員を引っ張る旗にはしていません。規模はお客様の満足の後から着いてくるものだと考えています。

―飲食業界における御社の使命をお聞かせください。
我社は自分達の会社は出来る限り自分達で作っていこうと考えています。内外装のデザインも自社製、メニューブックも自社製、もちろん麺も自社製、30種類のラーメンの具もスープも自社製、デザートも自社製です。飲食業は結局の所、労働集約型の仕事であり、全てが人の手で完結する仕事です。であるとすれば仕事の全ては人が行います。社員教育もしておりますが、人としてどうあるべきかということも、同時に考えています。会社で働く人達が、明るく、楽しく、喜びのある生活を送らなければ、本当の意味でお客様を大切にできないのではないかと思います。人間教育、心構えの教育が大切だということを、世の中に広めていきたいと考えております。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ