E-1クラブ
身近にある幸せを実感できるお手伝いをさせていただきます

株式会社キープウィルダイニング 代表取締役 保志 真人

株式会社キープウィルダイニング
代表取締役 保志 真人
1974年 神奈川県生まれ
2004年 会社設立
2009年 社内一斉独立により2名社長を輩出
2011年 町田に合同本社を構える
経営理念 【幸せを実感できるお手伝い】
ビジョン 神奈川NO.1リーディングカンパニーを目指しています。
運営ブランド EN別邸、獅子丸、炎家、八氣、夢丸、寅次郎、勝男、えん別邸、黒獅子、しろしし、ダンチキンダン
紅巾の豚、カフェkatsuo、パーティーダイナーkatsuo、カップケーキchikako、肉の寅屋
本社所在地 東京都町田市森野1-36-11 WALD-3F
資本金 1,000万円
採用計画 ・2011年度新卒 7名採用予定  ・中途 5名採用予定
募集職種 ・店長候補 ・幹部候補 ・料理長候補
会社URL http://www.keepwill.com/
自社のウリ 【利益追求ではなく感動追求】人の役に立つ。感動を追及する仕事のあとに利がついてくる。
私達は利に執着せずに感動を追及していきます。
説明画像
たくさんの仲間ができました。
説明画像
富士登山。山頂にて。
説明画像
合同本社

幸せを実感できるお手伝い

株式会社キープウィルダイニング
代表取締役 保志 真人

―御社のお店づくりに対するこだわりやコンセプトをお聞かせください。
『気の放たない店は作らない』お客様に感動を与えない店は作らない。スタッフが成長できない店は作らない。店を作る時に守り続けてきたコンセプトです。サービスがいいのは当たり前。商品も産地直送、地産地消にこだわり、美味しいものをより多くの人に食べてもらいたい。その空間にいるだけで幸せを実感できて、お客様もスタッフもキラキラできる店作りを追求していきます。低投資早期回収というビジネススキームが流行りですが、そうではなく10年、20年その地域に必要とされる、愛される本物の飲食店を目指してお店を作っています。

―御社が堅実にお客様から支持されている理由をお聞かせください。
ずばり商品力とサービス力でしょう。全国各地から美味しいものを仕入れ、お客様が何を求めているかを第一に考えメニュー開発しています。何より料理人が美味しいものを食べて欲しいと心をこめて手作りしている。チェーン店ならムラのない商品は提供されても作業で作っている料理はやはり一味足りない。弊社のスタッフは常にお客様が喜んでくれることを第一に考えて働いてくれる。料理担当だけでなく、ホールのアルバイトの子達までホスピタリティに溢れて、お客様に感動してもらおうと日々全力で志事してくれます。そんな所がお客様も気付いてくれるんだと思います。

―御社で活躍する人材はどのような方ですか。
前の質問でも言いましたが、人の幸せが自らの幸せであると思える利他的精神をもった人材が特に活躍しています。自分の事は後回しにしてでも相手を助けてあげるような人材。それはお客様に対してだけでなく、スタッフ同士や家族、仲間に対してもそうですね。奉仕は先に利は後に。創業当時の理念を引き継いだ風土がそうさせるのかもしれません。弊社ではどんなにスキルや経験値が高くても利己的な人材は長続きしません。

―今後の成長計画を含めた、ビジョンをお聞かせください。
今後は拡大路線に走るのではなく、堅実に年に2~3店舗の出店を進めていきます。その中で、しっかりとマネジメントできる経営リーダーを輩出していき、アメーバ経営を実現していきます。1つの塊が巨大な大戦艦ではなく、強い個が固まっている大船団を作っていきます。その上で、みんながワクワクできるような旅館であったりホテル、もしくはエンターテイメント性の高い飲食店を作っていき。まずは神奈川のリーディングカンパニーといわれる所まで行きたい。売上や規模ではなく、影響力で神奈川NO.1と呼ばれたい

―飲食業界における御社の使命をお聞かせください。
ビジネスよりの思考が強くなる昨今の飲食業界において、しっかりとした飲食人を育てて行く事が弊社の使命だと考えています。。それによってお店が『気』を放ちそこで働くスタッフ、特にこれから社会に出て行くアルバイトの子達も目標や夢を持つ事がきっとできる。店に来てくれたお客様もそういうキラキラ志事しているスタッフを見て少しでも元気になってもらう。幸せを実感してもらう。そうして行く事で少しでも世の中が明るくなってくれればいいですね。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ