E-1クラブ
ブランドに関わる全ての方にハッピーをお届けするエンターテイメント・アイスクリームショップ

コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン株式会社 代表取締役社長兼COO 石原 一裕

コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン株式会社
代表取締役社長兼COO 石原 一裕
1967年 島根県生まれ
1990年 横浜国立大学経営学部卒業
1990年 伊藤忠商事株式会社入社
2000年 タリーズコーヒージャパン株式会社入社
2005年 コールド・ストーン・クリー・マリー・ジャパン株式会社
      代表取締役社長兼COOに就任
経営理念 Meke People Happy
ビジョン アイスクリームショップ「コールド・ストーン・クリーマリー」の全国直営店舗展開
運営ブランド コールド・ストーン・クリーマリー/ワッフルズ/コールドストーン・フローズンバー
本社所在地 東京都中央区新富1-9-4 新富1丁目ビル3F
資本金 5,000万円
株式公開 上場予定なし
採用計画 若干名随時募集
募集職種 詳しくはお問い合わせ下さいませ
会社URL http://www.coldstonecreamery.co.jp/
自社のウリ ■コールド・ストーン・クリーマリーはアメリカで生まれたエンターテイメント性のあるアイスクリームショップです。私たちはそこでお客様へ「Happy Creamery体験」を提供しています。
■弊社は2011、2012、2013年と3年連続でGreat Place to Workの従業員50人~249人の部門で一位になりました。社内のスタッフが仲間との連帯感を持ち協力し合い、日々努力し続けた事が一つの結果として出て大変嬉しく思います。
説明画像
日本上陸以来人気No.1のストロベリーショートケーキセ レナーデ
説明画像
日本全国に30店舗(2014年7月末現在)
説明画像
-9度に冷やした石の上でアイスクリームを混ぜ合わせるパフォー マンスが特徴

Happy Creamery体験を通して全ての人を幸せにする

コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン株式会社
代表取締役社長兼COO 石原 一裕

―御社のお店づくりに対するこだわりやコンセプトをお聞かせください。
【「美味しさ」と「楽しさ」をアイスクリームを通してお客様に提供する】が私たちのコンセプトです。その事を私たちは【Happy Creamery体験】と呼んでいます。コールド・ストーン・クリーマリーの最大の特徴は五感に訴えるパフォーマンス性のあるアイスクリームショップということです。-9度の石の上で、お客様が頼まれたオリジナルのアイスクリームを目の前で混ぜ合わせるパフォーマンスやフレンドリーな接客、時には歌いながらアイスクリームを作るなど五感でお楽しみいただきます。

―御社が堅実にお客様から支持されている理由をお聞かせください。
Happy Creamery体験を楽しい非日常と感じていただける場所として受け入れてもらえているのではないかと感じています。私たちの経営理念である【Make People Happy】を軸にお客様を更に幸せにしていきたいと考えております。「Icecream is our star」「Crue is our brand」という言葉があります。アイスクリームをより魅力的にする為に素材や店舗の立地、内装にこだわりを持ち提供致しております。またお客様に楽しさを提供する為にクルーは皆日々接客力を高めています。

―御社で活躍する人材はどのような方ですか。
【リーダーシップ】【主体性】【チームワーク】この3点を最重要だと考えております。その中でも店長として自分一人ではなく、クルーやその他の社員全員と一緒にHappy Creamery体験をお客様に提供すること、自分自身が先頭に立ってそれを体現出来る人が活躍しています。

―今後の成長計画を含めた、ビジョンをお聞かせください。
創業以来我々が大事にしてきた、Happy Creamery体験をお客様にご提供できる場を増やすことです。我々のブランドが持つ個性を生かせる場への出店を今後も増やしていきたいと考えております。商品、そして目に見えないサービスや文化を提供しコールド・ストーン・クリーマリーというお店の個性を伝え認知度を高め、ブランドが輝き続けることが重要だと考えてりおます。また、いままで創り上げてきたコールド・ストーン・クリーマリーの社風は崩さず更に高め、結果的にスイーツカテゴリーでナンバーワンになることがビジョンです。

―飲食業界における御社の使命をお聞かせください。
経営理念のMake People Happyを継続し、社会貢献したいと考えております。コールド・ストーン・クリーマリーに関わっている全ての人を幸せにし、その輪を広げて行くことです。まだ小さな輪ですが、それを広げていくことが使命だと考えております。引いてはそれが飲食業界にプラスになれば業界の更なる発展に繋がると信じ日々精進していく所存でございます。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ