logo

THAI GOOD COMPANY 100〜タイ市場の注目日本企業100社を紹介〜

1947年の創業以来、医療用・介護用ベッド、マットレスなどを製造、販売。
タイ、そしてASEANのリーディングカンパニーを目指し、安心・安全な製品を提供します。

Paramount Bed (Thailand) Co., Ltd.
Managing Director / 代表取締役社長
Kenji Aoki / 青木 顕士
事業内容 医療用ベッド・介護用ベッド及び一般向けベッドの輸出入・販売事業 / 保守・修理事業
所在地 1007 Srinakarin Road, Suanluang, Suanluang, Bangkok, 10250
所在地
企業URL http://www.paramountbed.co.th
自社のウリ 弊社は創業70年以上の歴史を誇る、医療・介護ベッド分野における日本国内トップシェアのメーカーです。
世界110か国以上の国に納入実績があり、タイを初めとするメコン周辺国においては350以上の病院アカウントを有しています。

As human, for human - 人として、人のために

戦後まもなく創業し、医療・介護分野での先駆者として優れた製品を世の中に輩出してきたパラマウントベッド社。
病院用ベッドの専業メーカーとしてスタートし、高齢化の進展を背景として、高齢者施設や在宅介護分野にも事業領域を拡大しながら、様々な製品・サービスを開発してきました。70年以上もの期間を通じて培ってきたアフターサービスの質の高さはタイでも定評があります。またユーザー層を問わない優れた製品やサービスは、タイを中心としたメコン地域(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)において高い評価を得ています。企業理念である「先進の技術と優しさで、快適なヘルスケア環境を創造します - We create comfortable healthcare environments through cutting-edge technology with a hum an touch - 」とはまさに同社の今後のさらなる躍進を示すフレーズであるといえるでしょう。「As human, for human - 人として、人のために -」との企業スローガンを掲げ、安全かつ高品質な製品・サービスの提供を常に目指しています。

病院・介護の現場で活躍する、多彩な製品ラインナップ

パラマウントベッド社では、医療用、介護用、一般家庭向け用のベッド及び周辺機器の輸出入・販売、そしてそれに伴う保守・修理事業を行っています。病院においては、集中治療室用ベッドをはじめVIP室・一般室向けベッド、手術台、ストレッチャー、病棟病室周辺機器など、多岐に渡る製品を納入しています。
また介護分野では、ベッドのみならず車いす、ウォーカー、リハビリ系器具や介護移乗用具などこちらも多岐に渡っています。一般コンシューマー向けベッドも、医療の現場で培ったノウハウと最新の睡眠研究を基に、機能面のみならず、デザイン性にも優れた製品を数多く取り揃えています。

実際の空間をイメージできる開放的なショールーム

実際の空間をイメージできる開放的なショールーム

パラマウントベッド社はバンコク・シーナカリンに大型ショールームを設置。実物大の医療・介護空間をイメージしながら、製品の動きや寝心地などを実際に確かめることができます。また誰もが利用可能なセミナールームを併設するなど、地域社会に寄り添いながら、日本発のリーディングカンパニーを目指す同社のポジティブな姿勢を垣間見ることができます。

  • VIP病室のイメージ。内装や設備を含めた全体のコーディネートにより、快適で安らぎのある空間を提案しています。
    VIP病室のイメージ。内装や設備を含めた全体のコーディネートにより、快適で安らぎのある空間を提案しています。
  • 周産期・小児・新生児医療への製品開発や環境提案、サービスの提供にも取り組んでいます。
    周産期・小児・新生児医療への製品開発や環境提案、サービスの提供にも取り組んでいます。
  • 地域と企業、人を結ぶ空間として、誰もが利用可能なセミナールームを設置しています。
    地域と企業、人を結ぶ空間として、誰もが利用可能なセミナールームを設置しています。

運営事務局コメント

タイに拠点を設立してから約8年の実績をもつ同社。タイの病室用ベッド市場、そして周辺国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)においても病院納入実績数は着実に増えているという。これから迎えつつある高齢化社会に向けて、在宅介護向けマーケット・高齢者施設事業など、同社が日本で培ってきた実績・経験が、タイおよび周辺国の社会に深くローカライズされながら浸透していくことが予想される。
ヘルスケアのパイオニアとして、タイを中心としたメコンの地域社会に貢献していくであろう、
その動向に今後も注目していきたい。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について(株)イー・バードは何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。