2期連続売上150%達成している成長企業100
コンテンツとメディアを融合させ、人々が集まる場所を提供します。

株式会社コンコース 代表取締役 木村 紀章

株式会社コンコース
代表取締役 木村 紀章
1980年 神奈川県生まれ
2003年 浅野工学専門学校卒業
2005年 株式会社モバイルファクトリー入社
2007年 株式会社コンコース設立
ビジョン 良い“コンテンツ”、優れた“コンテンツ”が常に集まる場所を目指します。
目標 携帯電話向けのコンテンツ提供事業で国内NO.1を目指します。
事業内容 1. インターネットメディア事業
 インターネット広告メディア・コンテンツの制作・運営管理
2. インターネット広告代理事業
 インターネット広告の販売・代理事業

その他上記事業に付随する業務
所在地 東京都渋谷区東1-32-12 渋谷プロパティー東急ビル15F
資本金 1,000万円
財務情報 2009年9月期実績 3,800万円
2010年9月期実績 6,300万円
2011年9月期見込 1億円
株式公開 検討中
採用計画 ・2012年度 新卒2名採用予定
・2011年度 中途6名採用予定
募集職種 ・コンテンツディレクター
・システムエンジニア
・webデザイナー
会社URL http://www.con-course.com/
自社のウリ ・Webマーケティングのノウハウを活かした新規事業を次々と立ち上げる
・女性のライフスタイルに関心をお持ちの方なら楽しく働ける職場
・福利厚生も充実
説明画像
アルバイトが作成してくれた会社の雰囲気!
説明画像
分からない時はどんどん質問出来る環境!
説明画像
社内から見える夕焼けをぱしゃり!

「楽しい」ということを常に意識することの出来る会社であり続ける。

株式会社コンコース
代表取締役 木村 紀章

―御社の事業内容を教えてください。
現在弊社では、いわゆるコンテンツビジネスがメインです。占いや恋愛シミュレーションを中心に女性向けコンテンツが半分以上で他にツール系のコンテンツを製作・運営しています。私は、常々日本人が作るコンテンツはとても優れていると考えていました。そして、海外においては、日本のアニメが流行っていたり、ドイツで畳文化がもてはやされていたりと、認められているものはしっかり認められていますがまだまだ埋もれてしまっているものも、たくさんあると思っています。そんなまだ日の目を見ていない埋もれたコンテンツを世に配信していくことが目標です。

―起業の経緯を教えて下さい。
最初に働いたのは不動産の営業でした。その会社は、投資用の物件の販売を行っていて主に税理士や弁護士を対象にしていました。まさにゴリゴリの営業で、毎日が営業営業です。その会社で、営業販売の仕事をしているうちに、もっと違うステージの仕事がしたいという気持ちが強くなりました。しかし、やり始めたからには、何か実績を残さなくてはと思い「この会社で一番売れるようになったら辞めよう」と決意し、入社して2年目に、物件販売数で社内トップを取ることができました。これをきっかけに、当時の社長に話をし、「独立ができるような職種に行きたいです」と伝え、起業への道に進むことになったのです。

―経営において、大切なことは何でしょうか。
ドメインを見失わない事だと思います。会社が大きくなるにつれて、軸にしている事業以外の儲け話がたくさん舞い込んでくるようになります。しかし、あくまで弊社はコンテンツを扱う会社なんです。既存の事業から派生していく事業には積極的に取り組んでいきますが、全く別の事業に手を出すことは絶対にしません。どんなに好条件の話でも、「餅は餅屋」で最初は良くても結局その事業を軸に腰を据えて展開している企業には敵いません。その事だけは絶対に見失わないように心掛けています。

―今後のビジョンをお願いいたします。
優れたコンテンツを世の中に発信していくこと。さらに将来的には、日本のコンテンツを海外に出していきたいです。日本はパケット定額の普及が最も早かった国です。その為、携帯サイトのインターフェイスは世界で一番発達していると思っています。世界一発達している技術で、世界的に価値のあるモバイルコンテンツを配信することが出来るのですから他国を圧倒していけると確信しております。弊社の今後のビジョンは、それをどんどん世界に向けて発信するのが目標です。
採用情報
  • 株式会社コンコース採用ページ

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ