2期連続売上150%達成している成長企業100
すべてはHAPPYのために。これは”誠実”なシステムソリューション。

メディアリンク株式会社 代表取締役社長 松本 淳志

メディアリンク株式会社
代表取締役社長 松本 淳志
1978年 東京都生まれ
2002年 日本大学理工学部卒業
2002年 大手SI企業に入社
2006年 フリーランスSEとして独立
2009年 メディアリンク株式会社設立
ビジョン 誠実なシステムソリューションで関わるすべての人に感動とHAPPYを!
目標 テレフォニーシステム導入実績で国内シェアNo.1を目指します!
事業内容 ・コンタクトセンターシステムのコンサルティング事業
・システムインテグレーション事業
・製品(ソフトウェア)の企画・開発・販売事業
・システム開発プロジェクトにおけるBPO事業
所在地 〒108-0014 東京都港区芝5-31-17 PMO田町5F
資本金 2,000万円
株式公開 検討中
採用計画 ・2016年度新卒5名採用予定
・中途10名採用予定
募集職種 ・システムエンジニア
・プログラマー
・セールスエンジニア
企業URL http://www.medialink-ml.co.jp/
自社のウリ ■ 4年連続売上200%増の急成長中ベンチャー企業
■ 日本を代表するような大手企業との取引実績多数(すべて直取引)
■ コールセンター業界に革命を起こす最先端技術のパイオニア的存在
説明画像
メディアリンクメンバー
説明画像
社内ミーティング風景
説明画像
「仕事は楽しく」がモットー

すべてはみんなのHAPPYのために

メディアリンク株式会社
代表取締役社長 松本 淳志

―御社の事業内容を教えてください。
自動音声システム(IVR)をはじめ、様々なシステムをコンサルティングから設計・製造・運用支援・保守までのトータルソリューションをご提供しております。IVRでは、オープンソース「アスタリスク」を推進し、低コストかつ質の高いサービスを実現すると共に、2011年2月にIVR製品「Media Voice」を、同年5月にオフィスPBX製品「Media Office」をリリースいたしました。私どもが扱う主なシステムは「消費者の一番近くにあるシステム」。だからこそ、お客さま・消費者・パートナー・私たち、システム設計に関わる全ての人がHAPPYになることを第一に、誠実に熱く妥協のないサービスを心がけています。

―起業の経緯を教えて下さい。
メディアリンクを設立したのは、2009年の7月。元同僚や仕事の現場で出会った信頼のおける仲間たちと共に、自分たちもお客さまも満足できる最高のサービスを提供したいという一途な想いが実現し、5名のメンバーでスタートいたしました。以前、私が務めていた会社では、ちょっとしたお客さまの要望に応えることが困難だったり、迅速に対応することができなかったり、そのお客さまを100%、いやそれ以上の満足をしていただけないことに疑問を感じていました。もっとフレキシブルに、そしてスピーディーに、適正な価格でのサービスを提供し、お客さまに喜んでいただきたい。そんな強い想いが、起業への大きな力になったのだと思います。

―御社の成長の秘訣は何でしょうか。
弊社の社訓にもある"誠実であること"。これを全社員に浸透させ、またそれを貫き通していることでしょうか。一度お取り引きをさせて頂いた企業様から再度お声掛け頂くことや継続的にお仕事の依頼を頂くことが非常に多く、それらの積み重ねが弊社の成長へとつながっております。また、お取引を通しお客様から頂く"生の声"を真摯に受け止め、次のサービスへと繋げていく。お約束させて頂いたことはどれだけ些細なことであっても決して破らない。こういった誠実な対応の積み重ねが結果的に顧客満足度に繋がり、弊社の成長につながっているのだと思います。

―経営において、大切なことは何でしょうか。
非常に難しい質問ですが(笑)、私が経営者として特に大切にしていることは、常に理念に基づき判断、行動する、ということです。会社経営をしていると難しい判断に迫られる場面に度々遭遇しますが、目先の利益やその場だけ解決させるような選択をしていては事業を継続させることは困難だと思います。また社内にその理念を浸透させることも非常に重要です。時流により手段を変えることはあっても、目的だけは見誤ったりブレてはいけません。全社員にとってのよりどころとなる理念を策定し、またそれを貫き通すことが経営にとって非常に大切なことだと思います。

―今後のビジョンをお願いいたします。
先日「アスタリスク」を起用した製品をリリースし、メーカーとSIerという2つの立場での事業展開となりました。仕事の幅がぐっと広がった分、今まで以上に技術力や企画力を鍛え、お客さまや使う人のことを考えた心からのサービスが必要です。「アスタリスク」に関しても今以上に高い性能を探求し、国内シェアの拡大に努めてまいります。また、IT業界を背負って立つエンジニアの育成もしていきたいです。有能な若い技術者を数多く育て、システムを通してたくさんの人たちを笑顔にしたい、それは起業してからずっと変わることのない目標です。最終的には日本に留まらず、アジアや世界の人たちをもHAPPYにしたいと考えています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ