エンジニア力100
“360°スゴイ”「世界を変えるようなスゴイことをやる」

株式会社VOYAGE GROUP 代表取締役CEO 宇佐美 進典

株式会社VOYAGE GROUP
代表取締役CEO 宇佐美 進典
1996年 早稲田大学商学部卒業
1996年 トーマコンサルティング入社
1999年 アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)を創業
設立 1999年10月
所在地 東京都渋谷区神泉町8-16渋谷ファーストプレイス6.7.8階
支店・関連会社・海外拠点 韓国、フィリピン、中国(上海)、インドネシア、アメリカ合衆国、京都ラボ
資本金 3億7,262万円
財務情報 2011年9月 79億円
事業内容 インターネット領域でメディア関連事業・リサーチ関連事業・アドテクノロジー事業・投資事業の4つの事業を展開しています。市場環境の変化をチャンスと捉え、既存事業を拡大させ新規事業への挑戦をし続けています。
エンジニア採用計画 技術者の成長が事業の成功に結びつくと信じ、本人が学びたいと思ったときにサポートできる体制をとり、最大限スキルを発揮できるようキャリア、技術、プロセス、権限、評価など様々な観点から成長の場を形成しています。
URL http://voyagegroup.com/
説明画像
定時以降はアルコール無料!
説明画像
パーテーションのない風通しの良いオフィス
説明画像
社員の憩いの場。社内ライブラリーOASIS


株式会社VOYAGE GROUP
代表取締役CEO 宇佐美 進典

―御社の戦略・ビジョンを教えてください。
当社では未だビジョンは掲げていません。なぜならば、ビジョンを描くことで変化への対応が遅れてしまうかもしれないからです。また、同時にどこに向かって進んでいくのか、自分たちで決めることができるところがベンチャー企業の良いところだとも思います。
しかし、だからといって「世界を変えるようなスゴイことをやる」という創業時の想いは変わりません。そこで当社では、創業時の想いをソウル(魂)として経営理念の中に盛り込み、これを常に立ち戻るべき出発点として持ち続けていきたいと思っています。

―エンジニア職種のキャリアパスを教えてください。
事業開発を行うときには様々な役割があり、キャリパスに関しても多様なキャリアパスがあります。特に立ち上げの時は少数精鋭で進めることが多く、1人で複数の役割を兼務したり、仲間で支ええ合うことも多く、自身の経験の幅が広がるきっかけになりこともあります。中には技術者から事業責任者へとキャリアアップしたクルーもいます。

―エンジニア職種のために特別な制度はありますか?
技術力評価会やピアレビュー、S1グランプリといった技術を評価したり、発表・共有する仕組みがあります。また多様な事業・サービスがあり、その情報がオープンになっている環境は、クルーの成長を促す一因になっています。さらにキャリアアップを目指す場合にはCU制度という外部研修や講演会などを受講する人を支援する制度があります。

―エンジニアにどの様な成長を期待しますか?
与えられた仕事を非クリエイティブ職の人間ともコミュニケーションをとりながら一人で成し遂げられるということ。これが弊社で定義するエンジニアとしての基礎力です。まずはこれを身に付けることが大前提です。そのあとは自分の専門性を突き詰めることで貢献頂くのも良し。専門性を活かしてプロジェクトマネジメントやチームマネジメントの領域をカバーして頂くもよし。弊社は「人を軸とした事業開発会社」ですから、いずれにしてもご自身の専門性を事業成長にどう繋げていくべきかを考えられる人材になって欲しいと考えています。
採用情報
  • コーポレートサイト

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

 ※エンジニア力100に掲載されている内容については、監修企業であるイシン(株) に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ