エンジニア力100
スマートフォン関連の企画から開発、マーケティングをトータルプロデュース

株式会社ウィナス 代表取締役 社長 浜辺 拓

株式会社ウィナス
代表取締役 社長 浜辺 拓
2000年 日本大学経済学部卒業
2000年 株式会社光通信入社
2001年 株式会社ザッパラス入社 ソリューション営業部の統括部長に就任
2004年 株式会社ウィナス設立、代表取締役社長に就任
設立 2004年2月
所在地 東京都豊島区西池袋1-5-3 エルグビル4F
支店・関連会社・海外拠点 フィリピンにスマートフォンアプリ(iPhone、Androidアプリ)開発子会社
WINAS TECHNOLOGIES INTERNATIONAL PHILIPPINES, INC.
資本金 3,000万円
財務情報 2010年1月 3億円
2011年1月 3億6,000万円
事業内容 モバイルとスマートフォンのトータルプロデュースをコンセプトに事業展開しており、コテンツ事業、『コマース事業』、『ソリューション事業』を軸に展開しております。主力はスマートフォンソリューションです。
エンジニア採用計画 自社サービスの開発から大手企業の受託開発に加え、お客様先への常駐開発も少し増えております。常駐開発と社内開発をローテーションできるFA制度を設けており、未経験者でもスキルアップが図れる制度を整えております。
URL http://www.winas.jp/
説明画像
当社エントランス。落ち着いた雰囲気にしています。
説明画像
フォーラムに出展し、多くの企業様にご契約頂きました。
説明画像
社員旅行での宴会。毎年各地に行っています。

会社の規模より、全員がプロである強い企業でありたい

株式会社ウィナス
代表取締役 社長 浜辺 拓

―御社の戦略・ビジョンを教えてください。
当社は、モバイル及びスマートフォンのトータルプロデュースをコンセプトに事業展開を進めております。開発だけ、企画だけ、コンテンツ配信だけと一つの事業に特化する事業展開では、変化対応型が求められるマーケットでは勝ち残っていけないと考えています。当社では、クライアント様の9割が大手企業様という特徴があり、モバイル・スマートフォンを活用した施策のご提案からシステム開発、運用保守、そしてマーケティング戦略までお手伝いさせて頂いております。今後は様々なSaaS系サービス、新サービスをリリースし、中小~大手企業様に対して幅広いご提案を行い、企画力と技術力でトータルプロデュース企業としてNO.1になります。

―エンジニア職種のキャリアパスを教えてください。
エンジニアの業務としては、大きく分けて自社サービス(コンテンツ、コマース、SaaS系サービス、新規事業)のシステム開発と企業向けのシステム開発があります。当社では、設計だけ、開発だけ、という区分を分けて業務を行う事より、幅広く携わってもらうケースが多くあります。また、エンジニアにも企画会議から参画し、一緒にモノ作りをしていくスタンスを取っているので、多くのスキルアップが望める環境が整っております。プロジェクトマネージメント希望者には経営会議にも参画してもらう為、PG、SE、PMと各々のスキル強化だけではなくステップアップ出来る機会を作り出しています。

―エンジニア職種のために特別な制度はありますか?
社内開発と常駐開発がございますが、エンジニアにはFA制度があります。一定期間の部署、プロジェクトに参画したエンジニアは、自ら希望する部署、プロジェクトに移動できる制度です。野球のFA制度と同じ仕組みです。幅広い業務内容を経験したいという意欲のある方が更に成長できる環境を整えようと今年から設置した制度です。エンジニアがスペシャリストを求めるのも良し、ジェネラリストを求めるのも良しとするプラットフォームを実現化する制度です。

―エンジニアにどの様な成長を期待しますか?
当社は基本的に「提案型」サービスを提供することを軸としています。つまり、価値の創造という事を最も重要視して事業構築を行っております。当社の仲間として働くエンジニアにも「言われたことを単純にこなします」というスタンスではなく、「どのようにすれば~」という視点を持って、設計から業務推進できる人物になってもらいたいと思います。また、新しい技術にもチャレンジできる環境があるので、自分のスキルレンジを広げる為の自助努力が出来るプロフェッショナルな人物に成長してもらいたいと思います。
採用情報
  • 採用ページ

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

 ※エンジニア力100に掲載されている内容については、監修企業であるイシン(株) に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ