エンジニア力100
海賊達の宝島に代わるような新しい「発見」を「喜び」に!

株式会社ランド・ホー 取締役 和田 明士

株式会社ランド・ホー
取締役 和田 明士
1990年 株式会社セガ入社
1998年 SegaSaturn版「サカつく2」プロジェクトリーダー
1999年 株式会社ランド・ホー設立
2000年 DreamCast版ダビつくなどメインプログラマで開発に携わる
2011年 国内でいち早くUnityを使ったモバイルアプリの開発を開始
設立 1999年(平成11年)
所在地 東京都大田区西蒲田8-4-4 岸・東海ビル2F/3F/4F(受付)
支店・関連会社・海外拠点 名 称:浪特・海株式会社 上海工作室
所在地:上海市宁夏路777 号4 楼 上海晟欧ソフトウェア有限公司内
資本金 1,000万円
事業内容 コンシューマ/モバイルゲームの開発・販売及び輸出入
エンターテイメントを基調としたインタラクティブ デジタルコンテンツの製作
エンジニア採用計画 モバイルゲームの開発に参加してくれるプログラマ、エンジニアを募集します。
クライアント、サーバーともに実績のある我が社で幅広い技術を教育します。
入社前の経歴より入社後の成長を重視します。
URL http://www.landho.co.jp/index.html
説明画像
2012年7月、上海に開発スタジオを設立しました。
説明画像
社員同士でお花見も!
説明画像
いろいろな部活動があり、有志が集まって自由に活動しています。

時代に求められる技術をもったエンジニア集団でありたい

株式会社ランド・ホー(LAND HO! CO.,LTD)
取締役 和田 明士

―御社の戦略・ビジョンを教えてください。
コンシューマ開発とモバイル開発の両部門がある我社の強みを活かし質の高いエンターテインメント・アプリを提供していきます。数多くのコンシューマゲームの開発のノウハウを活かし、モバイル開発のみの経験しかない会社とは一線を画した高水準の技術で激化しつつあるアプリケーション開発の流れの中で我社独自の立ち位置を確立していきます。
日本国内のみならず海外のパブリッシャーと提携しワールドワイドでのコンテンツ展開の実績が多くあります。また、中国・上海にも開発拠点をもち今後拡大するであろうアジア市場進出の準備も進めています。

―エンジニア職種のキャリアパスを教えてください。
モバイル開発においてクライアント、サーバー問わず幅広い技術を習得できる環境です。エンジニアごとに志向や適性を見極めながら複数の成長パターンが選べると思います。例えば、エンターテインメントを作り出すことに喜びを感じるエンジニアはゲームを企画提案、制作ディレクションしつつエンジニアとしても力を発揮する人材になっていくこともできます。また、より高い技術を極めていきたい志向をもつエンジニアはそれに集中できるように専門分野を掘り下げていく役割になってもらうこともできます。新しい技術の流れがとても速い業界です。若い人でも努力次第でどんどん活躍できる現場です。

―エンジニア職種のために特別な制度はありますか?
より高水準のエンターテインメントを制作するモチベーションとして、プロジェクトごとの利益を関わった社員に還元する制度を設けています。「当たったら大きい」この業界で、エンジニア一人一人が「大当たり」の夢を持って制作にあたってもらうための制度です。
また、エンジニアの成長を評価するシステムとして「リード」「上級リード」「シニア」という肩書制度を設けています。一般のエンジニアよりも高い技術力や指導力を認めたエンジニアに対して与えられる肩書で、階級に応じて給与面で優遇され、他のエンジニアの模範となり、指導・教育も期待されます。

―エンジニアにどの様な成長を期待しますか?
とても技術の変化が速い業界です。エンジニアに期待する姿勢としては、常に貪欲に新しいことに挑戦して欲しいということです。必要なことは「どんな流れにも対応できる対応力」です。
一方でエンジニアの成長として普遍的なこともあります。例えば言語が変わっても設計で気を付けることに共通点があったり、他のスタッフとのコミュニケーションだったり、プロジェクトのリスクの見通しだったり。技術そのものではない面でのエンジニアの"頼もしさ"であり、頼もしいエンジニアはいつでも求められます。
時代の流れに負けず、頼もしさを蓄えたエンジニアへの成長を期待します。
採用情報
  • 株式会社ランド・ホー

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

 ※エンジニア力100に掲載されている内容については、監修企業であるイシン(株) に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ