エンジニア力100
熱意と技術力で固定観念に捉われない発想に基づく品質の高いサービスの提供

株式会社ゼアテックス 代表取締役 社長 友野 憲一

株式会社ゼアテックス
代表取締役 社長 友野 憲一
1989年 東京電子専門学校卒業
1989年 株式会社日本テクノス入社
2002年 アイフォア・ジェネレーション株式会社入社
2010年 株式会社ゼアテックス設立、代表取締役社長就任
設立 2010年7月12日
所在地 〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-3-1 東京フジビル401
資本金 200万円
事業内容 ・ソフトウェアに関するコンサルティング、ソリューションの提供
・オンサイトによるシステム開発
・ウェブサイトの構築など総合的コンピュータ関連サービスの提供
・その他ソフトウェア開発におけるサービス全般
エンジニア採用計画 株式会社ゼアテックスでは「熱意、積極性、責任感、マナー、社交性、協調性、スキル、エンジニア経験」に優れている方を求めています。
URL http://www.zeatex.co.jp
説明画像
弊社の開発している営業支援webコンテンツのZeal Force One
説明画像
自社webコンテンツの他にAndroid Applicationの開発にも着手
説明画像
社員同士の交流を図る懇親会を定期的に実施しています。

熱意と高い技術力でIT業界の活性化と成長を図る企業を目指す

株式会社ゼアテックス
代表取締役 社長 友野 憲一

―御社の戦略・ビジョンを教えてください。
弊社はその様な情報化社会での多様化するニーズに応えるべく、IT技術に加えてすべての業務に熱意を持って責任感のあるサービスを提供していく必要性を強く感じており、効果的に実現する企業を目指しております。社名である「zeal=熱意」、「technical=技術」、「x=無限の可能性」に由来しております。社名に込めた意味を実践し、お客様に信頼されるパートナーとし存分な存在価値を提供できる様に社員一同が一体となり、お客様に満足していただける技術と熱意のあるサービスの提供に努めて参ります。

―エンジニア職種のキャリアパスを教えてください。
弊社ではゼネラリストとスペシャリストの2つのキャリアパスを実施しています。
実際にはスペシャリストとして技術開発に特化し、開発スキルアップを軸としたステップアップの役職には技術主任と言う「技術」と言う言葉を入れるなどして評価し、自己の長所を最大限に伸ばしていける環境を作っています。また、ゼネラリストとして人材の管理・育成に加えて、会社と自己の成長を促進する企画・実行力を積極的に実施できるチャンスを与えるようにしています。

―エンジニア職種のために特別な制度はありますか?
自社開発フリー制度と言う自己啓発を目的としたものがあります。弊社独自Zeal Force OneをはじめとしたWebコンテンツの作成やAndroidApplicationの開発などを通じて開発能力のスキルアップを図る事ができるようになっています。他にも適度に懇親会を実施し、社員同士の交流や経営側と社員側の意見交換などでモチベーション向上を図っています。

―エンジニアにどの様な成長を期待しますか?
熱意を持って仕事に望むエンジニアになってほしいと思っています。ただ与えられた仕事をこなすだけではなく、責任とお客様に対してサービス精神があるエンジニアに共通しているものは「熱意」の有無で大きく違う事と感じるからです。
採用情報
  • ゼアテックス採用情報

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

 ※エンジニア力100に掲載されている内容については、監修企業であるイシン(株) に直接お問い合わせください。

ページのTOPへ