DENTOU TIMES

石川金網株式会社 代表取締役社長 石川幸男

金網製造の技術と協力工場のネットワークで
新たな市場を開拓する

石川金網株式会社 代表取締役社長 石川幸男

石川金網の創業は1922年。日用品の金網の製造からはじまり、自動車部品用金網、産業機械用金網など幅広い用途の金網を製造してきた。創業以来、自社開発の加工機械と協力工場のネットワークを活かした多品種少量生産が強みとしている。また、積極的に新たな市場を開拓しており、建材の分野では、デザイン性の高いパンチングメタル「パーフォアート」を生み出し、再生樹脂の分野では、種類の異なるプラスチックを静電気で選別する装置を開発した。さらに、日本の良い素材を海外に売り出していく経済産業省のMORE THAN PROJECTに参加。布のような金網「KANAORI」を開発し、生活用品市場の開拓を狙っている。今回の取材では、金網の業界の可能性を広げ、常に業界の先頭を行く石川社長にお話を伺った。

伝統の継承と、未来への挑戦を可能にする革新企業の本質
  • 社風
    お客様に迷惑をかけていないか、お客様に喜んでもらっているか
    石川金網には「顧客第一主義」という経営理念のもと、いかにお客様に迷惑をかけず、喜んでいただけるかという意識を常に持ち、製造担当者も営業担当者も、お客様に喜んでいただくために考え行動するという社風がある。
    石川金網の「顧客第一主義」のルーツは創業の時代までさかのぼる。創業者石川奉氏は、店頭に「どうしてもすぐに製品が欲しい」というお客様が来店した時、その場で製品を作って提供したり、徹夜も厭わず製品を作って提供していた。創業者の精神は今も引き継がれ、お客様からの問い合わせがあった時、現状の技術では実現が難しいものであったとしても、営業担当は「できません」とは言わず、製造方法を工夫することや、新たな協力企業を探すことで、実現できる方法を探し、お客様の期待になんとかして応えようとする文化がある。そういった「顧客第一主義」の積み重ねによって、お客様から「何かあったら石川さんに相談しよう」と言われる関係を構築することができているのである。
  • 独自性
    常に新たな技術を取り入れることで優位性を保ってきた
    石川金網の独自性は、常に新たな技術を取り入れ、お客様の幅広いニーズに応えられる体制を維持してきたことである。 創業時は、それまで手織りが普通だった金網を自動で織る機械や金網用の工作機械を作ることによって、他社と違う製品を作ること、低価格化を実現することで競合に対して優位に立ってきた。
    その後、高度成長期の弱電ブームの際には、マイクやスピーカーのカバーといった製品の需要が高まったが、石川金網だけがマイク、スピーカー用の金網を作れる技術を持っていたため、独占的に仕事を得ることができた。
    近年では金網の使途拡大によって、お客様からの要望が多様化している。しかし、石川金網は関係を深めてきた協力工場のネットワークを用いて、様々な要望を実現できる体制が整っているため、お客様から頼られる存在となっている。現在は、生活用品のマーケットへの進出を始めており、常に他社より先に新たな分野、新たな技術を開拓することによって、業界の先頭を走っている。
  • 展望
    新製品「KANAORI」で海外市場へ進出する
    石川金網の今後を担う製品が、「KANAORI」だ。「KANAORI」は、日本の文化・技術を活かした製品をブランディングして世界に発信するという、経済産業省のMORE THAN PROJECTの取り組みの一つに採択されている。「KANAORI」は工業分野で活用されてきた一般的な金網とは一線を画し、金網でありながら、紙や布のような柔らかな風合いを持つ新しい素材である。その柔らかさや風合いを生かし、生活用品など今まで金網を使うことが考えられなかった市場の開拓が期待されている。
    2014年現在、「KANAORI」を用いた新製品の試作と「KANAORI」の量産化を進めており、海外市場に挑む準備が進行中である。今後「KANAORI」を海外で認められる商材に仕上げ、エンドユーザーに様々な場面で使ってもらうことによって、日本発の金網ブランド「KANAORI」を海外で確立していく考えだ。
説明画像
かつて使用していた金網の織機
説明画像
パーフォアートを使った壁面
説明画像
色を表現することも可能

お客様の良き相談相手でありつづける石川金網の信頼の源泉

―お客様から見た貴社はどのような存在ですか
当社を一言で表すと「よき相談相手」です。当社は常に新たな市場を開拓してきた存在として認知されているのと、協力工場のネットワークを活用してお客様の幅広いニーズに対応してきた実績があるので、お客様にとっては相談しやすい存在だと思います。当社が頂く相談の内容は、お客様が金網を使っていく中で出てくる問題についてです。例えば、「フィルターをもっと高性能にしたい」「価格を安くしたい」という内容や、「こういう特殊な機能を持った金網はないか」といった内容の問い合わせをいただいています。
従来金網が使われていた分野の市場が徐々に縮小している中で、問い合わせがなく、従来のお客様に同じ製品だけ納めている状態が続くと売り上げが伸びていかないので、新たな分野に出ていくために、問い合わせがとにかく多く取れるような体制を常に築いていくようにしています。
―石川社長が大切にしている考え方を教えてください
大切にしているのは「顧客第一主義」です。言い換えれば、お客様の立場で考えて、いかに行動できるかということです。 基本的な「姿勢」を持たず、自分中心の営業スタイル、製造スタイルになるとお客様にどこかで迷惑がかかります。お客様に迷惑をかけないようにするにはどうしたらいいのか、さらに進んで、喜んでもらうためには、どういう考え方でどういう行動をしたらいいかを常に持っていないといけません。
創業時からずっと言われていることは、「お客様に迷惑をかけてはいけない」「お客様に喜んでもらっているか」という2点です。創業者は「どうしてもすぐに製品が欲しい」というお客様がいれば、その方に店頭で待っていただいて、その場で製品を作ったりしたようです。そこまで忙しくなかった時代だったからできたのかもしれませんが、徹夜して作ることもあったと聞いています。
―「顧客第一主義」にのっとった取り組みを教えてください
お客様の利益を増やすことに直接貢献するということを行っています。例えば、お客様のところで不良品がたくさん出るとします。一個一個が高額な製品で不良品が出てしまうと、不良ロットとして扱われるので、その分だけ利益が減ってしまいます。そこで、いかにして不良品を少なくするかというと、当社のフィルターを使って生産性を上げるということが一つです。さらに、製品によっては、当社の技術を用いて不良品を良品に変えるということが可能です。当社には、出来上がった製品を不良品でなくするための独自の技術があって、それは他社には真似できないことなんですね。不良品が不良品でなくなってしまえば、付加価値が付いてお客様の営業利益も増えるので、結果的にお客様に喜んでいただくことができます。お客様の利益を増やすこと、これも顧客第一主義の表れであると思います。

KEYPERSON

石川金網株式会社 代表取締役社長 石川幸男

金網の可能性は無限大

石川金網株式会社 主任 竹沢信人

今回お話を伺ったのは、新卒で石川金網に入社し、営業部のホープとして日々お客様の期待に応え続ける、4年目の竹沢主任。 6人いる営業マンの中で最年少だ。
金網とは無縁の学生生活を過ごしたが、就活中に石川金網との出会ったことをきっかけで、金網の世界の広がりに大きな可能性を感じ、石川金網に入社。入社後は、営業マンとして大正11年創業の石川金網の看板を背負い、担当する300社のお客様からの問い合わせや要望に応えている。今は、石川金網を関東一の金網会社にするという大きな目標を実現するため、既存顧客への対応に加え、新規顧客の獲得も精力的に行っており、新たな市場のお客様を獲得すること、既存企業のシェア回復に尽力している。

伝統の継承と挑戦の未来を担う社員の思い
  • 入社理由
    こんなにも色んな所に使われているとは思わなかった
    竹沢さんが石川金網と出会ったのは、就職活動中。一般の就職活動と並行して、就業体験をしながら就職先を探せるプログラムに登録。色々な企業があるなかで、一番最初に声がかかったのが石川金網だった。声がかかってから見たホームページで、パネルのデザイン、デザインパンチングをやっている点に魅力を感じ、一発で決めてしまったと竹沢さんは言う。
    大学の専攻は流体力学で、実験用のポンプを使って水を流して、機械の動力と水の流れる流速度の関係性を求める研究を行っており、金網については全くの専門外。入社前は、金網と言っても、フェンスやマイクのネットなど目に見えている金網しか想像していなかったと言うが、機械部品や自動車部品など、目に見えない所でも幅広く使われている金網の可能性の大きさに魅力を感じ、石川金網への入社を決めた。
  • やりがい
    お客様の期待に応えること
    竹沢さんのやりがいになっているのは、お客様の期待に応え、売上を作ることである。 ある会社に新年のご挨拶で訪問した際、「石川さんから買っていたんだけど、他社の方が品質がいいから他社から買おうと思っています」というお言葉をもらってしまった。事実、部品の端にシワがあり、見た目があまりきれいではなかった。竹沢さんは、お客様からの厳しい言葉は、お客様の期待の裏返しであると考え、すぐに新潟の協力工場に足を運び、改善策を追求した。最終的にはお客様に「商品を見せてくれませんか」とお願いして他社製品を見せてもらうことで、新しい製法にたどり着き、結果的にお客様からの継続注文を得ることができた。さらに、改善活動が評価され、この会社から大量注文が入ったことで、それまで20万円だった売上が、その1ヶ月で1000万円になり、大きなやりがいを感じたそうだ。お客様のクレームは我々に対する期待の表れだということを実感した瞬間だった。
  • 夢
    関東制覇を
    竹沢さんの夢は、かつて石川金網が持っていた関東地方のシェアを取り戻し、関東地区を制覇すること。シェア拡大のために狙っているのが、コンビナートという大きい工場が数多く存在川崎、市原などの工業地帯である。しかし、今、石川金網の製品が入っている工場は半分以下。中には、元々石川金網が入っていたが何らかのタイミングで他社に変わったという企業もある。竹沢さんの短期的な目標は、以前あったシェアを何としても取り戻すこと。ただし、そのためには知識を付ける必要があるため、かなり勉強が必要であると竹沢さんは言う。
    加えて、将来は大手の製鋼会社との取引を目指している。現在でも製鋼会社との取引はあるが、一時期と比べると取引額は少額。まだまだ、大きくシェアを伸ばす余地が残されている。目標への第一歩として既存の製鋼会社との取引を増やし、それを足掛かりに大手とも取引をしたいと考えている。
説明画像
KANAORIの企画会議
説明画像
紙や布のような質感の「KANAORI」
説明画像
若手社員をじっくりと育成中

金網会社の営業マンの一日に迫る

―竹沢さんの現在行っている仕事内容を教えて下さい
今は、会社全体で1500社から1600社の既存のお客様があり、私はそのうち300社ほどを担当しています。既存のお客様の対応と新規のお客様を探して営業活動をしています。事務所にいるときは営業活動として、お客様に電話をかけることもありますが、多くの時間は、既存のお客様からの問い合わせに対応しています。
ありがたいことに毎日電話がかかってくるので、電話はかなり多いです。「なんでこの金額なのか、根拠を聞いたうえで判断したい」というお客様に対しては、しっかりと答えたいという気持ちがありますので、どういう工程があるのかを調べて、そこにかかる費用を計算してから答えています。最近、新規の営業が増えてきていますが、中核となるのは既存のお客様とのやりとりで、必ず週3回は既存のお客様のところに訪問しています。
―どのようなお問い合わせがあるんですか
お客様からの問い合わせは、金網やパンチングメタルの曲げ加工や溶接で、「こういう製品が作れないか」という内容です。例えば、「プロジェクターを載せるためのパンチングメタルの箱を作りたいんだけど、どれくらいの価格ですか」とか「パンチングメタルを使って、給水口の部品を作りたいんだけど、できますか」という問い合わせがあります。中には直接、製品を持ってきて「こういう加工品ができないか」という要望もあります。
問い合わせに関しては、自分だけでは分からないような案件があれば、上司に一回確認をするのですが、技術の部分に関しては社長が一番詳しいので、「こういうの作りたいんですけど」と聞いたり、協力会社さんに協力を要請して、「どれくらいでお客様に出したら妥当ですか」と相談した上で対応しています。
―金網営業の魅力ってどんなところですか
金網の可能性は無限大であるということです。今は押し出し機用の部品として金網を納めていますが、既存のお客様の中でも、金網をどのように使ってるか分からないというお客様もいるので、まだまだ開拓できる余地があるというところに魅力を感じます。
最近意外だと感じたのは、エアバックです。クルマのエアバックは火薬を爆発させて、風圧で一気に膨らませるという構造ですが、火薬の粉塵物を受け取るために金網が使えないかというお話を頂いて、金網が代用できる物って意外と身近にあるということを改めて感じました。
その他には車の部品関係や音響関係、そして、今開発中の「KANAORI」はデザイン、装飾という新たな分野で使用されるはずなので、営業マンとして今後が楽しみです。
■監修企業からのコメント

石川金網株式会社 代表取締役社長 石川幸男

噴出し左
金網業界のトップランナーとして、生産性の向上と新市場の開拓によって、業界の先頭を走り続けてきた石川金網様。石川代表と営業部の竹沢様にお話をお伺いする中で、「より安く、より良い製品を届けたい」という言葉は、「顧客第一主義」という経営理念があるからこそ、発せられる言葉であると感じました。今後は開発中の「KANAORI」を海外市場に展開していく計画であり、世界中で石川金網の製品が使われる日が来ることを予感させます。
■掲載企業コメント

石川金網株式会社 代表取締役社長 石川幸男

噴出し右
取材を終えた感想
今回の取材では、社風、独自性、展望といった切り口でまとめて頂き、企業としての存在感、意識など改めて整理することが出来ました。ありがとうございます。このサイトから弊社のイメージを掴んで頂ければ幸いです。また、多くの方に弊社の存在を周知して頂けることを期待します。
石川金網株式会社
代表取締役社長 石川幸男
1922年 石川奉が東京都荒川区三河島に金網製造販売を目的として石川金網製作所を創業。
1946年 終戦後、東京都荒川区日暮里に移転。平和産業へと用途転換を図り、金網加工品の製造を開始。クリンプ金網織機、菱型金網織機を導入、建築用金網の製造を開始。
1949年 石川金網製作所を発展改組、石川金網株式会社設立。資本金50万。東京都荒川区三河島(現在地)に移転、資本金800万円となる。
1959年 IKスクリーン®事業部を設立、押出機用金網の製造を開始。
1977年 石川奉が初代代表取締役社長を退任し、石川賢省が二代目代表取締役社長に就任。
1978年 スリッター、自動シャーリングを導入。自動車用、弱電用金網の加工を開始資本金3,000万円となる。
1985年 西日暮里1-1-1に、鉄筋コンクリート造10階建のビル(3300平米)を建設、パレスいしかわマンションとする。
1990年 アートパネル&メタルワーク事業部を新設。パーフォアート®パネルの販売開始。
2004年 石川賢省が代表取締役社長を退任し、石川幸男が三代目代表取締役社長に就任。
2008年 とうきょう次世代育成サポート企業として登録
2010年 ISO9001:2008の認証取得。
2012年 東京都信用金庫協会・しんきん協議会連合会・東京事業経営者会主催「平成25年度 優良企業表彰式」で特別奨励賞を受賞しました
2013年 平成26(2014)年度,中小企業庁、がんばる中小企業、小規模事業者300社に石川金網が認定されました。
2014年 東京ビジネスデザインアワードにおいて、テーマ賞、優秀賞を受賞しました。
2014年 経済産業省 JAPANブランドプロデュース支援事業「MORE THAN プロジェクト」に採択されました。
創業年 (設立年) 1922年(1949年)
事業内容 フィルター最適化ソリューション
メタル&ワイヤー加工品の設計・開発・販売
産業機械及び周辺装置、部品の設計・開発・販売
金属工事一式、不動産賃貸業
所在地 東京都荒川区荒川5-2-6
資本金 3000万円
従業員数 44名
企業URL http://ishikawa-kanaami.com/
採用情報はこちら

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ