建設・不動産

1

森建設株式会社

森建設株式会社 代表取締役社長 森 栄

森建設株式会社
代表取締役社長 森 栄
1963年 5月 株式会社森宏工務店設立。代表取締役森宏就任。
        東京都知事登録(る)53871号所得
1969年 6月 森建設株式会社に社名変更
1977年 7月 美しが丘営業所開設
1981年 8月 長津田営業所開設
1982年 7月 一般建築業許可大臣(般ー57)第10078号取得。
        横浜支店を青葉区美しが丘に開設
1983年 5月 東急建設株式会社災害防止協力会副会長に
        森宏就任
1985年 4月 世田谷区用賀に本社社屋完成。三ツ境営業所開設
1986年11月 雇用改善で東京都より表彰を受ける
1990年 5月 すみよし台営業所開設
1991年 7月 建設大臣許可(特-3)第10078号取得
1992年 7月 林試の森公園せせらぎ橋整備工事で東京都
        南部公園緑地事務所より表彰を受ける
1993年 5月 東急建設株式会社災害防止協力会会長に森宏就任
1993年12月 美しが丘社員寮完成
1994年 7月 代表取締役会長に森宏就任。代表取締役社長に
        森栄就任
1996年 5月 玉川税務署より表敬状を授かり,玉川優申会に入会
1997年 3月 横浜支店を都筑区川向町に移転
1997年12月 関連会社として森友建設株式会社を横浜市青葉区に設立
1999年 5月 取締役相談役に森宏就任
2000年 4月 横浜支店を青葉区すみよし台に移転
2001年 4月 中目黒脱線衝突事故における人命救助で営団総裁より
        感謝状を受ける
2002年 5月 協力業社で構成される災害防止協力会を発足。有限会社
        北辰建設 半田俊一氏が会長に就任
2002年 6月 ISO9001:2000認証登録を取得
2005年 4月 公益財団法人玉川法人会 副会長に森宏就任
2007年 3月 横浜支店を青葉区美しが丘に移転
2007年11月 玉川税務署より表彰を受ける
2008年 7月 菅生営業所開設
2008年10月 菅生寮開設。川崎支店を宮前区菅生に開設
2011年 4月 専務取締役 工藤郁夫 瑞宝単光賞を叙勲される
2012年 5月 国土交通大臣許可(第-24)第10078号取得
2013年 5月 創立50周年を迎える

株式会社大泉工場

株式会社大泉工場 代表取締役社長 大泉寛太郎

株式会社大泉工場
代表取締役社長 大泉寛太郎
1917年 東京都台東区龍泉寺町に大泉工場を創立
     電動装置用品の製作を開始(創業)
1922年 川口市金山町に工場を移転・拡張
1930年 川口市領家に機械工場及び鋳造工場を増設し
    一貫体制整備
1938年 400,000株を以て株式会社大泉工場設立
    資本金20,000,000円
1960年 プランマーブロックの日本工業規格(JIS)
    表示許可工場となる
1976年 プランマーブロック工場建て替え
    自動ラック倉庫確立
1990年 日本ロジテムB棟倉庫設立 賃貸借スタート
     東日本急行C棟倉庫設立 賃貸借スタート
1993年 日本ロジテムA棟倉庫設立 賃貸借スタート
1999年 菱食B棟倉庫設立 賃貸借スタート
2000年 菱食A棟倉庫設立 賃貸借スタート
2008年 伝動機工場閉鎖(これを以て製造業終了)
2009年 OKS FACTORY/GARDEN事業スタート
2010年 ポップコーンを中心としたFUN FOOD事業
    スタート
2014年 ジュースを中心としたORGANIC事業スタート

新成外興株式会社

新成外興業株式会社 渡辺 晴志

新成外興業株式会社
渡辺 晴志
1964年 4月 ブロック工事業を開業
1982年11月 有限会社野口ブロックを設立
1988年 4月 株式会社エクスプロを設立
        外構工事設計施工事業に進出
1995年 8月 有限会社野口ブロックと
        株式会社エクスプロを合併
        社名を新成外興有限会社と改称
1996年 2月 新成外興有限会社を新成外興株式会社に組織変更
1998年 8月 業務拡大に伴い、東京都国分寺市に
        本社及び置場を移転
1998年 9月 設計部を新設。EX CADを導入し、
        外構設計事業に本格参入
2002年 5月 東京都立川市錦町に本社ビルを建設、移転
        ガーデンショールーム「ガーデン&クラフツ」
        を開業
2006年 8月 本社敷地内に新事務所棟を建設し、本社及び
        法人事業部を移転
        リストランテ「イル・コルティーレ」開業
        (東京都立川市緑町)
        飲食事業に進出
2007年 3月 「ガーデン&クラフツ」を
        ガーデン&カフェとしてリニューアル
        飲食事業として本格営業を開始
2007年 4月 横浜支店を開設(神奈川県横浜市都筑区)
        埼玉営業所を開設(埼玉県川口市石神)
2007年 7月 建材事業部「新建」を開設
        (東京都小平市美園町)
        エクステリア・建材・土木資材販売卸事業に進出
2007年10月 設計部内にS-Designチームを新設、
        街並み景観・企画デザイン事業に進出
2011年 9月 造成部を開設(埼玉県新座市あたご)
2014年 1月 小平支店を開設(東京都小平市美園町)
2016年 5月 所沢支店を開設(埼玉県所沢市松郷)
2016年 6月 千葉支店を開設(千葉県松戸市高塚新田)
2016年 6月 茅ケ崎サービスヤードを開設
        (神奈川県茅ケ崎市堤)

瀬戸建設株式会社

株式会社太陽

株式会社太陽 代表取締役 阿部 悠久子

株式会社太陽
代表取締役 阿部 悠久子
1975年 6月 株式会社太陽塗装設立。資本金200万円
1978年 4月 埼玉県知事登録を受ける。般53-23130号
1989年 1月 「株式会社太陽」に社名変更。
1993年 8月 東京営業所を開設。
       東京都港区新橋3-7-4赤レンガ通りビル5F
1993年10月 特定建設業の許可を受ける。
       (特-4)第23130号
2000年 2月 阿部悠久子が代表に就任
2002年 5月 ISO9001:2000 JQA-QM8210認許取得。
2007年 3月 現在の特定国土交通省許可。
       (特-18)第15647号
2010年12月 本社新社屋が完成
2011年 1月 東京営業所を移転。
       東京都板橋区板橋1-45-1 落合ビル3F

相陽建設株式会社

相陽建設株式会社 代表取締役 古橋裕一

相陽建設株式会社
代表取締役 古橋裕一
1960年 相模原市田名5570番地にて鉄骨業として相陽鉄工を創業
1969年 相陽建設株式会社(初代社長 志村隆義) 設立
1982年 住宅への取組み開始
1987年 公共事業に参画「相模川ふれあい科学館 竣工」
1989年 創立30周年、設立20周年記念式典
1991年 2代目社長 古橋岩夫就任
1994年 橋本事業所 開設
1999年 北米輸入住宅“メープル”発売
1999年 RC住宅“RC-Zの家”発売
2001年 新社屋完成 本社を橋本に移転
2004年 外構“マットスタンプ”発売
2004年 OPUS相模原 開設
2006年 3代目社長 古橋裕一就任
2009年 メンテナンス部門 設置
2010年 注文住宅“0宣言の家”取組み開始
2013年 藤沢事業所 開設
2015年 相模原住宅公園にモデルハウス出展

株式会社當木工事

株式会社當木工事 代表取締役 當木仁

株式会社當木工事
代表取締役 當木仁
1965年 當木工事創業(東京都台東区東上野1丁目22番5号)
1967年 有限会社 當木工事を設立 資本金100万円
     本社を移転(東京都台東区東上野1丁目9番8号)
1970年 栗橋倉庫を設立(埼玉県北葛飾郡栗橋町間鎌砂田150-3)
1990年 川口工場を設立(埼玉県川口市安行領家1178-4)
1990年 資本金を600万円に増資
1993年 株式会社 當木工事に組織を変更
     資本金を1,000万円に増資
1999年 本社を移転(東京都台東区東上野1丁目6番4号)
2002年 川口工場を埼玉営業所に名称を変更
2002年 第二工場を設立(埼玉県川口市新堀585-2)
2008年 資本金を2,000万円に増資

株式会社丸二

株式会社丸二 代表取締役 渡辺 偕規

株式会社丸二
代表取締役 渡辺 偕規
1951年 東京都武蔵野市(現本社地)にて創業
1953年 有限会社渡辺建設として法人化(創立)
1963年 株式会社渡辺建設に組織変更
    株式会社丸二渡辺建設に商号変更
1985年 官公庁工事から民間工事に事業主体を移行
1994年 ルネスマンション第一号建設
1997年 丸二アフターサポート」開始
1998年 「コーポラティブハウス事業」開始
1998年 「ありがとう通信(現ニコニコ通信)」発刊
2000年 エコヴィレッジ日野に「外断熱工法」採用決定
2003年 創立50周年 株式会社丸二に商号変更
2004年 「パワー・コンクリート工法」開発
2009年 「加子母ひのき住宅」農商工連携事業認定
     「加子母森林ツアー」開始
2010年 加子母ひのき産地直送住宅(CASIMO1250/1550)販売開始
2011年 混構造住宅「ANCIENT HOUSE」販売開始 
2012年 戸建賃貸住宅「レンタルハウス宝箱」発売開始

栄新工業株式会社

栄新工業株式会社 代表取締役 新井 哲弘

栄新工業株式会社
代表取締役 新井 哲弘
1980年5月 個人として独立
1981年6月 栄新工業株式会社設立
     資本金500万円
1988年10月 株式会社ジャパンセキュリティーサービス設立
     資本金600万円
1992年1月 株式会社アルファ設立
     資本金2000万円
1992年5月 栄新工業株式会社増資1500万円
     資本金2000万円
1996年3月 株式会社ジャパンセキュリティサービス増資400万円
     資本金1000万円
1997年4月 東京都水道緊急工事受託(年間契約 今日に至る)
1997年4月 東京都水道専業者組合加入
1997年9月 ポスト二十一事業協同組合設立 資本金600万円
1997年12月 栄新工業株式会社増資1500万円 資本金3500万円
1998年4月 世田谷建設共同組合加入
1999年10月 東京都下水道専業者協会加入
1999年10月 下水道メンテナンス共同組合加入
2000年8月 栄新工業株式会社増資1300万円 4800万円
2003年10月 Hit工法研究会加入
2006年4月 全国LB工法協会加入
2006年9月 ジャパンセキュリティサービス株式会社
     増資1700万円
     資本金2700万円

株式会社塩田組

株式会社塩田組 代表取締役 佐藤 英之

株式会社塩田組
代表取締役 佐藤 英之
1979年    (有)塩田組を設立 資本金500万
1980年    一般建設業の都知事許可業者となる
1982年    (株)塩田組に組織変更
1984年 8月  特定建設業の都知事許可業者となる
1991年    資本金を1億円に増資
2005年    ISO 9001:2000 認証所得
2014年    佐藤英之が代表取締役に就任

松井産業株式会社

松井産業株式会社  代表取締役社長 松井宏之

松井産業株式会社 
代表取締役社長 松井宏之
1922年 松井商店設立
1955年 有限会社松井商店に改組
1959年 松井産業株式会社設立
1960年 有限会社松伏飼料店設立
1965年 松井商事(株)設立
1966年 松井自動車株式会社設立
1973年 有限会社松井精肉店設立
1976年 松井不動産株式会社設立
1977年 松井産業(株)建設部設置
1998年 リフォーム専門店「ホームデコアクト」三郷店開店
2001年 介護事業(介護のゆめこうぼう)を開始
2011年 おうちの情報館開設
2014年 社会福祉法人立上げ事業に関わる
2015年 地域密着型特別養護老人ホーム立ち上げ事業に関わる

株式会社NENGO

株式会社NENGO 代表取締役社長 的場敏行

株式会社NENGO
代表取締役社長 的場敏行
1983年 「オリエンタル産業㈱」を資本金100万円で設立。
               本社を川崎・生田に構え、耐火被覆工事を行う。
1986年 資本金を1000万円に増資。
1995年 断熱工事を始める。「耐火断熱事業部」の設立。
1996年 資本金を3000万円に増資。
2001年 本社を横浜市寺家町に移転。
               PORTER`S PAINTSの日本総代理店となる。
             「PORTER`S PAINTS事業部」の設立。
2006年 本社を川崎市・溝ノ口に移転。
2007年 横浜市綱島に「つなしま賃貸マーケット」オープン。
               「綱島不動産事業部」の設立。
2009年 「PORTER'S PAINTS SHOP」を本社に移転する。
2011年 「つなしま賃貸マーケット」を「綱島不動産マーケッと改名し、
               リニューアルオープン。
2013年 30周年を機に、「㈱NENGO」に改名。
2014年 ミャンマーチーク家具・建具販売事業「MUKU」を始める。

株式会社金剛組

株式会社金剛組 代表取締役社長 刀根 健一

株式会社金剛組
代表取締役社長 刀根 健一
578年 聖徳太子の命を受け百済から渡来した金剛重光が、
四天王寺の建立に携わる
1576年 石山寺の戦いに巻き込まれ、四天王寺は支院を含め焼失
1597年 四天王寺支院・勝鬘院(愛染堂)の多宝塔の再建に携わる
1614年 大坂冬の陣で四天王寺が焼失。江戸幕府の命を受け、伽藍を再建
1868年 神仏分離令が発令。四天王寺の寺領を失う
1934年 室戸台風により、四天王寺五重塔が倒壊。再建の命を受ける
1955年 株式会社金剛組が誕生
1980年 埼玉県に関東営業所を開設。その後加工センターを開設
2006年 髙松建設株式会社の支援を受け、新生金剛組として再出発
  髙松コンストラクショングループの一員になる
1