アジア進出支援のプロフェッショナル50人
翻訳・WEB制作からWEBプロモーションまでワンストップで提供

株式会社ROOMSFOR 代表取締役社長 堀田 早登志

株式会社ROOMSFOR
代表取締役社長 堀田 早登志
1978年 大阪府生まれ
2004年 千葉大学大学院 卒業
2005年 4年間フリーランスSEとしてWEBシステム案件に携わる
2009年 株式会社ROOMSFOR設立 WEB制作&プロモーションを事業内容をメインに行う
事業内容 アジア展開を目指す企業向けのウェブ支援(システムローカライズ・現地語サイト作成・プロモーション)
従業員数 7名(日本6名,香港1名)
進出支援の対象国 中国/香港/台湾/シンガポール/タイ/ベトナム/インドネシア
進出支援の対象となる会社規模・業種 “SNS”や“ソーシャル”のキーワードに興味がある成長ベンチャーや元気な中小企業
対応地域 都内を中心とした関東圏
連絡先(電話番号) 03-5302-1680
※お問い合わせの際は「アジア進出支援のプロフェッショナルを見た」と言っていただくとスムーズです。
連絡先 info@roomsfor.co.jp
URL http://china-web-promo.com/
Facebook http://www.facebook.com/satoshi.horita
Twitter https://twitter.com/#!/CHINA_by_IT
説明画像
メンバー
説明画像
サポート内容


株式会社ROOMSFOR
代表取締役社長 堀田 早登志

―御社の具体的な支援内容を教えてください。
弊社はアジア進出に必ず必要になってくるウェブ支援をおこなっております。
例えば、今ある日本向けのサイト翻訳や、現地のサーバーへの移行・管理・更新、現地媒体に対して広告などを展開するプロモーションの計画です。このようなウェブを活用し、日本企業をアジアで紹介し、繋げていくことを事業の一つの柱にしています。
アジア進出は実は巨額の資金をかけてなくても可能です。
現地にいきなり現地法人を設立するのではなく、現地に合ったウェブ作ることで低コストでアジア進出ができると考えております。

―進出支援の実績や実例を教えてください。
最近では、日本の動画制作サイトを中国向けにローカライズしました。中国でも決済ができるような仕組み作りや多言語対応にしました。
また、以前には中国人向けのECサイト構築も行いました。サッカーユニフォームの販売している会社で、日本向けに深川で製作していました。しかし今後中国市場で販売をしていきたいということで、HPの翻訳や現地にサーバーを置き現地向けのECサイト構築を行いました。
マーケティング&プロモーション関係では、日系アパレル企業の支援も行いました。中国のECサイトで販売をしていましたが、そのサイトへ送客するお手伝いをしました。ファッションブログを立ち上げ、素人ブロガーを集め、ブログ記事を配信し購買につなげるようなプロジェクトでした。

―アジア進出を成功するために経営者に必要なポイントを教えてください。
●信頼できる日本人パートナーがいるか
現地の信用できる日本人パートナーの存在は非常に重要だと思います。よく現地人をパートナーにすると聞きますが、多くの場合マネジメントができず失敗しています。日本人の仕事のやり方などは日本人にしか分かりません。ですので、長く現地に馴染まれている日本人とパートナーになっていくことは一つポイントだと思います。

●進出先の国で興味のあることを見つけられたか
個人的な好みでも良いので、進出先の国で好きなことを見つけることです。サッカーが好きならば現地のチームを好きになる等です。アジア進出は難しい壁だらけです。諦めないことが一番大切。諦めないで続けていくためには、その国のことを好きでないと続けられない。なにか一つでも好きなものを見つけるといいと思います。

●言葉の壁を理由にしない
実際に対峙し、目を見て接することはアジア諸国に関わらず重要なことだと思います。ビジネスにしてもプライベートにしても、結局人と人のやりとりです。挨拶だけでも学ぶべきだと思います。もちろん英語でもいいと思います。こちらから少しでも現地の言語で話しかければ自然と相手も親近感が湧き、距離感が近づきます。

―最後に今後のビジョンを教えてください。
5年以内に10か国のアジアで、10社のグループ会社設立です。
国に関係なく自由に行き来して働いていける風土を社内に作り、グローバルなノマドスタイルを確立していきます。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン株式会社は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ