アジア進出支援のプロフェッショナル50人とは?

"アジア進出支援のプロフェッショナル50人"は、“実績のある進出支援のプロフェッショナル”を“アジア進出を目指す企業様”にご紹介するサイトです。
当サイトの掲載は有料となっており、掲載に関しては掲載基準があります。
ここで紹介する50人は、雑誌「経営者通信(読者:全国の経営者4万4千名)」の編集部がオススメしたいプロフェッショナルとなっております。アジア進出を成功に導くプロフェッショナルたちの熱きメッセージをぜひご覧ください。

アジア進出支援のプロフェッショナル50人 監修企業からのメッセージ

アジアで成功する日本企業を増やしたい

今、アジア全域を自社マーケットとして捉え、積極果敢にアジア進出を果たす日本企業が増えている。その成功と失敗を分ける要因は人材・現地パートナーなど様々ですが、その中でも“アジア進出支援のプロフェッショナル”との出会いは非常に重要です。当サイトでは、雑誌「経営者通信」で多くのコンサルタントを取材してきた中で、編集部がオススメしたいプロフェッショナルをご紹介します。当サイトがアジアにおける良質な情報のプラットフォームとなり、“アジア進出を本気で目指す日本企業”と“進出支援のプロフェッショナル”のご縁が繋がればと願っています。

㈱幕末

掲載基準について
  • 1.アジア進出支援の分野において経験・知識・実績をもっている
     (例:セミナー実績がある/出版実績がある/ある一定量の顧客接点を持っている等)
  • 2.クライアントが求めている地域でより有機的に関わっている
     (例:東南アジアでの販路開拓をクライアント共に行う等)
  • 3.企業のアジア進出支援をすることに対して強い想いを持っている
     (例:次代を担うグローバル企業を育てたい/日系企業の発展・成長に貢献したい)
実際の掲載については、上記の審査基準に照らし合わせて、掲載審査会にて最終的に協議し決定しております。
ちなみに下記の必須条件においては、掲載期間中に関わらず、必須条件を満たさない事実が判明した場合は即刻掲載を
中止いたします。
例:行政機関から行政指導などの処分を受けた場合、法令違反をした場合、企業及び事業が社会問題化した場合など。
  • 公序良俗に反しない事業及び企業体であること
  • 行政機関から行政指導などの処分を受けていないこと
  • 事業及び企業体が社会問題を起こしていないこと
以下の各号に定める業種又は事業者は掲載しない。
(1) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年7月10日法律第122号)で、風俗営業と規定される業種 (2) 風俗営業類似の業種 (3) 消費者金融 (4) たばこ (5) ギャンブルにかかるもの (6) 規制対象となっていない業種においても、社会問題を起こしている業種や事業者 (7) 法律の定めのない医療類似行為を行う施設 (8) 占い、運勢判断に関するもの (9) 興信所・探偵事務所等 (10) 特定商取引に関する法律(昭和51年6月4日法律第57号)で、連鎖販売取引と規定される業種 (11) 債権取立て、示談引受けなどをうたったもの (12) 法令等に基づく必要な許可等を受けることなく業を行うもの 例:廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく市長の許可を取得せず、違法に廃棄物の処理を行うもの(不用品を買い取る又は無料で引き取るとしている場合において、別途輸送費・作業代などを要求し、実質的に処理料金を徴収するものも該当する) (13) 民事再生法及び会社更生法による再生・更生手続中の事業者 (14) 各種法令に違反しているもの (15) 行政機関からの行政指導を受け、改善がなされていないもの (16) 不当景品類及び不当表示防止法に違反しているもの

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社は何ら保証しないことをご了承ください。
自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

ページのTOPへ